Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Friday 17:23
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

今年の"椿展"の様子・続き


2月12日に"椿展の第一会場が最終日"という記事をお伝えしましたが、その後「是非、見に行きたかった」という声をいただきまして。

確かにそうだ。ああいう記事は本来、初日に出すべきね。まあ、はじめたばかりのインターネットですので、そのあたりは勘弁していただくとしましょう。

せめてもう少し今年行われた"椿展"の様子をお伝えさせていただきましょうか。
開催期間中に展示されていたカメリアフラワーコンテストで受賞された方の椿の画像です。


和泉参郎さん

鈴木理治さん

小坂勇さん

浜中翔太さん

水口芳一さん

和泉参郎さん

笠間雅夫さん

竹中秀男さん

川島正憲さん

水口芳一さん

染谷勝彦さん

高橋弘昌さん

中田太さん

若林一生さん

和泉参郎さん

若林一生さん

かわいらしいのやら優雅なものやら。色もいろいろ形もいろいろ。
丹精込めて育てられた園芸種の椿もステキですね。
また来年も、みなさん自慢の椿を楽しみにいたしましょう。

そして私の仕事は、やっぱり自然のままに山に咲くやぶ椿。
椿の山にも遊びに来てくださいね。



→伊豆大島"椿まつり"はまだまだ開催中!

Wednesday 14:54
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

椿の花焼き、今年の露店


椿まつりで毎年恒例の"椿の花焼き"の露店、今年はこんな感じの屋台です。場所は大島公園の椿プラザ内、一つ前の記事でご紹介した"椿園"の入り口ですよ。



椿の灰を釉(うわぐすり)に使った私の焼き物"椿の花焼き"。コチラの露店では主にユノミやマグカップ、花入れやマッチャワンなど、生活に使う小振りなものを展示販売しています。

ビール飲み・ショーチュー飲みなんていうお酒専用の器なんかもあったりして。まあ、作り手が酒飲みなもんですから。



椿の種子殻を焼いた灰や三原山の溶岩を使ったちょっと変わったものも見つかりますよ。是非、手にとってご覧ください。


一番の売れ筋?
私の友人で画家の藤井恵子さん作"椿の花のポストカード"かしら。いろんな種類の椿のスケッチをポストカードにした小作品集。伊豆大島の風景や島の野草など各種ご用意していますので、おみやげにドウゾ。

→「椿の花焼き」ご紹介全文



Monday 16:30
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 5
trackbacks : 0

椿園内展示温室のいろんな椿


せっかく椿まつりの期間中なので、いろんな種類の椿の花をご覧いただきましょうか。コチラは大島公園"椿園"内の展示温室。各地から集められたいろんな椿がキレイに展示されています。



この展示温室は椿まつりの期間中のみ開放されているのね。この期間にお越しいただくお客様にキレイな椿を見ていただこうと、園内の方が丹精に育てていらっしゃいます。


Cameo Gem

ピンクスモーク

フラテルナ(白鳩椿)

わだつみ

越の装い

玉川

月下美人

朱雀門

秋咲き呼小鳥

太郎冠者

桃楽

密姫

本日、ご紹介している花は撮影時(2/8)にキレイに咲いていたもの。他にも数多くの椿が展示されておりますが、種類によって咲く時期にバラつきがあるので、まだまだいろんな花が楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに私の仕事は、こんな感じの上品なものではありません。
昔ながらの椿山で、自然のままに咲く椿を見ていただこうと思っているのでね。



じゃーん。いかにも素朴な感じでしょ。

私の手入れする椿山。大島公園からおよそ5kmくらいの場所。椿園からお帰りになる場合、岡田港の手前にございます。

炭小屋があって、港を眺める丘があって、海を望む展望台があって、椿の炭のお茶屋さんがあって、椿の木は鬱蒼と茂り、島一番の大椿があって。

リスさんとか、トリさんはよく遊びに来るけれど、あまり人はこない隠れ家のような場所。ココのお茶屋さんでは"合言葉でプレゼントキャンペーン"もやっているので、昔ながらの椿山に興味があれば、是非お越しくださいね。

Sunday 12:45
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

椿展〜第一会場の最終日


大島町役場内、開発総合センターでは本日16:00まで、椿展が開催されております。・・・本日まで!? いやね、ホントは昨日、この記事を掲載しようと思っていたのですが、サーバーの調子が悪くてどうにもこうにもいきませんでした・・・。



会場には椿でいっぱい。大島の人が丹精込めて育てた園芸種の椿の展示からお花の先生が生けた作品、各地の変わり椿などなど。これだけ集まると壮観ね。



コチラは椿のフラワーコンテストね。右側は東京都大島町長賞・和泉参郎さんの椿。かわいらしくて色がきれいでいいじゃない!
わたしの椿はないのかって? わたしの仕事は山のやぶ椿なので、岡田の椿山にて自然の中に咲くやぶ椿をごらん下さいね。



そのかわり、私の焼き物"椿の花焼き"が展示されておりました。椿の花をかたちどった大皿と、葉っぱ付きのつばき皿。いいでしょ。



記事を掲載するのが遅くなってしまって残念でしたが、第二会場の元町港船客待合所では3月26日まで、様々な種類の椿の展示が開催中。

"港が見える丘"の椿山や、椿プラザに隣接する椿園でもまだまだ花が楽しめますよ。ぷらっと遊びに来てくださいね。

Wednesday 09:00
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

椿山の入り口に目印を

お祭りなので椿山の入り口にのぼりを立てました。
やっぱりお祭りにはのぼりがないと。

コチラ、岡田側の入り口ね。泉津方面に向かう一つ目のトンネルの手前です。



コチラは泉津側の入り口。


でもって椿山にものぼりがいっぱい。



ココが一番おまつりらしいんじゃないかしら。

後はお客さんにきていただくだけなのね。

Sunday 15:00
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

椿プラザの露天では

椿祭りのメイン会場、椿プラザで露天を出していますよ、というお話をしましたが、何のお店をしているのかと。

私の焼き物、"椿の花焼き"の即売をしております。

例えばこんなの。

釉薬(うわぐすり)にはすべて"椿の灰"を使っています。

いいでしょ。
椿の灰で化粧をした焼き物に、庭に咲いた椿を一輪、ちょいと挿し。
何に挿しても花は花ですが、気分の問題ですかね。
ちょっとした贅沢、いかがでしょうか。


ちなみに椿プラザは都立大島公園内・椿公園の入り口にございます。港や空港など外の玄関からは距離があるので、お車や観光バスなどでお越しください。


・・・こんな地図だと分かりづらいですね。yahooの地図だとこんな感じです。


"椿の花焼き"のご紹介はコチラから

Monday 19:18
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

2006年伊豆大島【椿祭り】

今年も椿の季節がやってきましたね。
伊豆大島でも第51回椿まつりが開催されます。

私もメイン会場の「つばきプラザ」に毎日でむいて露天を
開いておりますので、お気軽に声をかけてください。



毎年、こんな屋台でやってます。
今年は他にも企画を用意していますので、
楽しみにお越しくださいませ。



ちなみにこちらは椿まつり開催中のつばきプラザ。
古い写真で申し訳ない。

第51回椿まつり
開催期間:平成18年1月28日(土)〜3月27日(月)

このブログで、椿祭り期間中の様子を
随時お伝えしていく予定ですのでお楽しみに!



<< | 2/2P | 
椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。