Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Wednesday 18:53
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

いつになく華やか! 〜椿の女王コンテスト

 
たくさんの若いあんこさんで賑わう椿プラザ。
いつになく華やかで、ちょっとめずらしい光景。



今日は「ミス椿の女王コンテスト」の開催です。

八重に一重に紅に白。
たくさんの種類がある椿の花のように、いろんな個性を持つキレイなお嬢さんたちが、椿まつりの会場を明るい笑顔で盛り上げてくれました。

毎日がこんな雰囲気だと、おっちゃんも更に張り切るんだけどなぁ〜。



たくさんの応募の中から実際に来島してくれた32名。

椿の女王に選ばれた方は、これから一年、伊豆大島のPR活動に参加してくれるということです。

みなさん、それぞれに大島に思い入れを持って参加してくれているご様子で、どなたが選ばれても頼もしい限りといった印象を受けました。



今年の椿の女王に選ばれたのは東京都江戸川区出身の田中美里−たなかみり−さん(中央)。

背が高くて、お話しがはっきりしていて、健康的な笑顔がステキです。

大島の海洋国際高校で学ばれた田中さんは、何でも16歳のころから椿の女王にあこがれていたとのことで。夢が実現してよかったですね。

準ミスの吉野真紀さん(左)と、同じく準ミスの志摩かな子さん(右)と3人並んで写真を撮らせていただきました。



昨年の女王・浜田理恵子さん(中央右)から田中さんへ、
椿の花束の贈呈です。浜田さんも一年間、お疲れ様でした!



それにしても、こういうイベントの日は、私の露天はめっきり暇で。
のんびりお茶をすすりながら、華やかな雰囲気を楽しんでおりました。

囲炉裏には椿の炭で火をくべていますので、お時間があるのなら
あったまっていって下さいな。お茶くらい出しますぞ。


Monday 19:49
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつりですから椿の花を。

 
せっかくの椿まつりの話題で椿の花の話題に触れていませんでしたが、
メイン会場である椿プラザに隣接する「椿園」ではたくさんの椿の花を
ご覧いただく事ができます。



花の種類や木によって満開の時期に差があるので、咲いている木もそうでない木もありますが、やぶ椿から園芸種、八重に一重に、色の紅白、様々な種類の椿の花から、自分のお気に入りを探して歩くのも楽しいものかもしれません。



展示温室の中ではひときわ変わった椿の花たちに出会えるでしょう。
小さな黄色い花を咲かせる“金花茶”も、いくつかの花をつけていました。





それはそうと、今年はよっぽど暖かいのか。
なんと、オオシマザクラがすでに花を咲かせています。



大島公園の駐車場にある大島桜は毎年開花が早いのですが、こんな時期から咲いてしまったら、2月中旬くらいには満開の桜が楽しめるとか!?

椿に桜に、伊豆大島での早春をお楽しみ下さい!






Sunday 19:01
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

1月31日、伊豆大島の椿まつり開催!?

 
1月31日、伊豆大島の椿まつり開催!

というニュースをお伝えしたかったのですが、
低気圧の通過により昨日はなんともひどいお天気でした。

雨が降ってかなり冷え込み、オープニングセレモニーは2月1日に延期。
なんといっても高速船が欠航して大半のお客さんが来られないとなると、
おまつりムードどころではありません…。


本日は打って変わって最上のお天気!



お手伝いさんが元町港界隈で行われた「江戸みこしとあんこパレード」の様子を撮影してきてくれたので、少しだけご紹介させていただきます。

それにしても本当にいいお天気で。
婦人会による「あんこ節」の手踊りも港をバックによく映えます。



友好都市の加茂市のみなさんも、郷土芸能で参加してくれています。
麗しいミス雪椿のお姿も見られたようです!



三原山をバックにして御神火太鼓のデコレーショントラックが通過。
なんとも迫力があります!?



「スーパーあんこ娘」もキュートなダンスで盛り上げます。
見物客からはひときわ大きな歓声が上がっていたようです。



港での御神火太鼓の揃い打ちの披露。
迫力のある郷土芸能でお祭り気分も最高潮!



勇壮な掛け声でしんがりを務めるのは江戸みこしのみなさん。
文字通り「椿まつり」をかかげた神輿を担いで、ワッショイワッショイとお祭りらしい雰囲気を盛り上げてくれました。





さて、

そのころ「メイン会場」の椿プラザは…



とても静か。

お客さんの大半がパレードに参加したり見物に出かけているため、
あたたかな日差しの下、コチラはとってものんびりムードです。

賑やかなオープニングのイベントも終わり、椿の花をながめて楽しむなら
是非この会場にお出かけください。



私の露天もコチラ。

椿の炭をくべたいろりを用意して、島の果実酒なんかで御もてなしさせていただければと思っていますので、「ホームページ見たよ!」と一声かけてください。


Thursday 11:17
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつりの準備中 〜1月31日開催です!

 
土曜日から始まる椿まつりを前に、
私の露店の準備も着々と進んでおります。

後は現地に行って組み立てるだけ。



総オオシマザクラ造りの囲炉裏も完成。

表面は椿油で毎日磨いて、風情のある仕上がりとなりました。



ココに真っ白な椿の灰を入れて、椿の炭をくべて。

お茶や果実酒なんかをサービスしますので、
お急ぎでなければちょっと暖まっていって下さい。



ちなみに、このままでは何の露店かさっぱりわかりませんが、
私の焼き物「椿の花焼」のお店です。

椿や溶岩など、伊豆大島の素材を使った民芸焼き物。

作った本人が店頭で大きな顔をしていますので、
おだてるといろんな面白い話しが聞けるかもしれません。






<< | 2/2P | 
椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。