Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


Friday 18:28
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつりも2月に入りました。

 
椿まつりの期間中、メイン会場のつばきプラザに毎日“出勤”して、露天を出しております。

先週末のオープニングのときはずいぶんと賑やかムードでしたが、平日の椿プラザはまだまだのんびりムード。風のないお天気の日は、日差しが暖かで気持ちがよくて。こんなのも島らしくていいなぁと、ぼんやりしてみたり。

ぼんやりする以外には何をしているのか!?



焼き物を並べています。私がこしらえた『椿の花焼』。

椿の木や枝や花や葉っぱを焼いて灰にして、焼き物の表面のお化粧をする「釉薬」を作ります。他にも椿油を絞った種子殻を焼いた灰を使ったり、三原山の溶岩を使ってみたり。

いろんな色や形があるけど、みんな私がこしらえた『椿の花焼』。



湯飲みやコーヒーカップ、花挿しや小鉢など、おみやげ物にしやすい器を中心に持って来ているので、時間があるなら冷やかしにのぞいて行って。

そして持って行くなら私の話しも聞いて行かないと。島の人間が、島の素材を使って、こんな焼き物を焼いてるよって、そんな話し。せっかくの伊豆大島でのご旅行なので、おみやげ話しも一緒に持って帰ってください。



こんなことばかり言っているので、焼き物はあまり売れなかったりして・・・。私の友人、藤井恵子さんが描いた「椿のスケッチ」や「伊豆大島の風景」なんかのポストカードはおみやげ物にちょうどいいらしく、みんな喜んで持って行ってくれる。

なんにせよ、いいご旅行にして下さい。

Sunday 20:38
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつり2日目・江戸みこしとあんこパレード

 
昨日のオープニングセレモニーの賑やかさとはうって変わって、本日の『椿プラザ』はいたってのんびりムード。あたたかな日差しの中、のんびりとやっております。



椿まつりの2日目は元町港の周辺で『江戸みこしとあんこパレード』が開催されて、そちらがおおいに賑やかなのでしょう。私はプラザを離れるわけにはいかないので、昨日から来ていたお手伝いさんに様子を見てきてもらいました。



若いあんこさんを先頭に、賑やかなパレードが続きます。

大島町婦人会のみなさんは60人を超える団体で参加され、練り歩きながらあんこ節を披露。ちびっ子たちもあんこ姿でパレードに参加。高らかな掛け声とともに纏を掲げる一行をもりあげるお囃子のみなさんもあんこ衣装を着てくれていたりと、ずいぶんと賑やかな行列だったようです。



終点の元町港・観光協会前では御神火太鼓の演奏が行われており、到着したパレードの団体の方たちも順番にこちらでパフォーマンスを披露。踊りや太鼓を楽しんでいると、勇壮な掛け声とともに江戸みこしの一団がやってきて、わっしょいわっしょいとお祭りをもりあげてくれます。



なんだか元町の港が人で埋め尽されているようでしょ。これだけの人が港周辺にいることって、今ではもうほとんどないけど、ちょっとだけ昔の賑やかさを思い出させてくれます。

そしてはじめの画像に戻るわけですが・・・。



そのころ私は椿プラザにてのんびりと、お客さんとお話しをしたり日向ぼっこをしたり。

伊豆大島の椿まつりは、毎日がこんなに賑やかなお祭りという雰囲気ではありませんが、ゆっくりと花でも眺めに来てくださいな。長い期間やっているので、あったかい日も肌寒い日もありますけれど、みなさんのお住まいの場所よりちょっと南の伊豆大島へ、是非とも遊びに来てくださいな。

私、ちょっとこわい顔をしているかもしれませんが、意外とおしゃべりなので気軽に話しかけてみてくださいね。



せっかくなので「あんこパレード」の様子をもう少しお楽しみ下さい。
(クリックすると画像が表示されます)

60人を超えるあんこさんは大島町婦人会のみなさん。
ちびっこたちもあんこ衣装でパレードに参加。
高らかな掛け声とともに纏を掲げる男衆と・・・
あんこ姿で盛り上げてくれるお囃子の面々。
“大島節”のフレーズを背負った「御神火よさこい舞隊」。
友好都市の新潟県加茂市の方たちも踊りを披露。
壮観! これだけのあんこさんたちが輪になって踊ります。
お神輿にはちゃんと「椿まつり」の文字がありました。
さざえやさんも、かつぎ手のみなさんで賑わっています。
フィナーレは江戸みこしが観光協会前で3基そろい踏みです。

遠くからいらしてくれた方も、大島の方も、みなさん大変お疲れ様でした。

Saturday 18:34
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 1
trackbacks : 0

第53回 伊豆大島・椿まつり開催

JUGEMテーマ:地域/ローカル


伊豆大島では本日から椿まつりが開催です。

各方面からご招待のお客さんもいらっしゃるということで、岡田港では一時、熱烈歓迎ムードになっていたそうです。今日だけでなく、いつもこんな風に賑やかにお客さんを迎えられたらいいのにね。



椿まつりのメイン会場となる大島公園内の“椿プラザ”では、オープニングセレモニーが開催されました。私の仕事とは直接関係ありませんが、せっかくですので賑やかなお祭りの雰囲気もご紹介してみましょう。



大島の御神火太鼓から始まり、あんこさんの手踊りや友好都市をである山形県からの郷土芸能の披露など、お祭りの幕開けらしくワイワイと賑やか。お偉い方のご挨拶やテープカットの様子は割愛させて頂くとして・・・



やっぱり華やかなのがいいですね!
ミス大島をはじめとする女性陣による鏡開き!



せっかくですのでもう一枚。彼女たちは友好都市の各地を代表して来てくれたミス熱海、ミス梅の女王、ミス花笠、ミス雪椿の面々です。みなさん、椿の花束をもらってにっこり! いつまでたっても花を愛でる気持ちは持ち続けたいものです・・・。違うか!?



鏡開きのお酒は、揚げたてのアシタバのてんぷらや椿の花のてんぷら、ほかほかの焼き芋なんかと一緒に会場のみなさんに振舞われました。

今日は天気もよくて、比較的あたたかで。
お祭りの初日としては申し分ない一日だったのでは。
毎日これくらい賑やかだといいですよね。



この写真の一番奥に私の屋台が出ているのがわかりますか?

これからもボチボチと伊豆大島・椿まつりの様子をご紹介してこうと思いますが、実際に大島に遊びに来ていただいて、みなさんとお会いできたら幸いですよ。

Tuesday 18:31
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿の枝のカンバン!

 
椿プラザで今年使う屋台のカンバンを作ろう!



この前切ってしまった椿の枝をうまく使って2組分作った。
アンコさん衣装テントの分と、私の焼き物のテントの分と。



もちろん自分用のを早く仕上げる。なかなかセコイ。

 

しかし我ながらいい出来に仕上がった。
椿の木もこの様に使われれば幸せだろう。



“椿プラザ”は1月26日から開催される椿まつりのメイン会場。
私も露天を出すので、毎日「出勤」することになります。
私のテントを見かけたら合言葉をどうぞ!

今年の合言葉は「カンバン!」又は「ヒマ人!」

うまく言えた人には伊豆大島の花か風景のステキなポストカードを2枚一組で差し上げます。もっとも、この散人たる人物、おだてられれば木に登るどころではないので、うんとほめればもっといいものがもらえるかも・・・
(100名様まで)



<< | 2/2P | 
椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。