Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 工房にて梅酒をつける  ◆  波浮の港とアジサイのスケッチ >>
Sunday 10:19
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 14
trackbacks : 0

椿山、白と緑でふかふかな感じ


草取りをしながら撮った写真です。
まあ、季節によっていろいろな姿を見せてくれるもので。



すっかりおなじみになりました、私が仕事をする椿山ですが
地面がみどりと白でキレイにうめつくされています。



じゃーん。正体はドクダミの群生でした。

名前の割りには、どくだみの花ってかわいらしいですよね。
しかもこれだけ群生していると遠目で見てもなかなかのもの。

ちなみに今回の草取りではドクダミは抜かずにおきました。
簡単に引っこ抜けて割りとタチがいい草なので、
もう少し花を楽しんでからね。



この時期、山に入るときはくれぐれも足元に気をつけて下さい。
「マムシに注意」です。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

こんにちは
ドクダミの群生素晴らしいですね。
ドクダミの花清楚で大好きです。
from  mico : 2006/06/18 15:03
家の母は、庭中のドクダミを集めて乾燥し、ドクダミ茶にして飲んでいます。
これだけあったら、1年分作れそうですね。
from  スタジオA : 2006/06/18 20:27
どくだみの群生
 すごいなぁ・・・・・
あちらこちらで 見かけますが こんなに咲いてるのは 始めて見ます

伊島というところに行きたいんですが マムシさんがいるらしいんです
   それを知ったとたん 行くのを断念しましたorz
 冬になって マムシさんがおねんねしたら 行こうかなと思ってます
from  TITAN : 2006/06/18 21:49
みなさんコンニチハ。いつもご覧いただきありがとうございます。
ドクダミの花言葉って「追憶」でしたっけ。
確かに幼いころ野山で遊んだ記憶がよみがえるような気がします。独特な香りのせいでしょうか・・・。
苦手な方もいらっしゃるでしょうけど写真はにおわないので、しばしお楽しみいただければ幸いです。

見栄えのいい場所を撮影しているのですが、実はこの群生、ここだけではないのです。
それこそ1年分どころではないかもしれません。
まあ、実際これだけの量をすべてドクダミ茶にしたら恐ろしい仕事量でしょうが・・・。

「伊島」は徳島県でしたかな。
まあ、伊豆大島でもそうですが田舎に行けば多少なりマムシさんがいらっしゃるわけで。
いたるところにいるというわけではないから、気をつけていればダイジョウブじゃないかな・・・。
用心にこしたことはないんですけどね。

ところで近いうちに「マムシ捕獲術」の奥義をご紹介しようと思っております。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/19 15:47
TBありがとうございます。
これだけドクダミの花が咲いてるのはすごいですね!
家の庭では、普通に束ねて10本くらい分でしょうか、葉っぱ・つぼみ・そして花。

昔は葉っぱの色合いがキライだったのですが、いまはなんかよさがわかってきた感じです。

また写真を見に来ますね。
from  まこち : 2006/06/19 20:33
TBありがとうございます。
お礼にこちらからも..と送ったら、アドレス間違えて「モリアオガエル」に
行っちゃいました。スミマセン! 消して頂いてけっこうです..

それにしても、ものすごい群生ですね。
我が家の庭とは規模が違う..

これにこりず、またよろしくお願い致します。
from  uracco : 2006/06/19 20:50
なんと美し〜い!心がし〜んとなり、なんとも気持ちが良くなります。大きく引き延ばし部屋に飾りたい程です。自然に群生したものでしょうか?すすきがいっぱい同じ方向に揺れる景色も大好きなおばんですが、その様子に負けないくらいのドクダミの美しさですね。
from  島おばん : 2006/06/19 21:02
TBありがとうございました。
ドクダミの花の群生 素敵ですね。
斑入りのドクダミもあればぜひ 見せてください。
from  cloudysan : 2006/06/19 22:06
はじめまして。MASAHIDEと申します。
ドクダミの花が咲き乱れていますね。
私の地元(東京)にもあちこちに咲いていますが、さすがにここまですごいのはありません。
このような場面に出会ったら、ぜひ広角で画面いっぱいに撮ってみたい所です。
皆さんおっしゃるとおり、ドクダミ茶には不自由しないでしょうね(マムシはマムシドリンクに...(^^;)。
from  MASAHIDE : 2006/06/20 07:22
初めまして(*^^*)
TBありがとうございました。
凄い数のドクダミですね〜。
これだけあれば沢山のドクダミ茶が作れそうですね。
美しい花なのに、名前がドクダミなんて、可哀相(笑)
from  春風 : 2006/06/20 10:54
初めまして TBありがとうございます
今まで気がつかずにおりました
それにしても見事な群落、見応えがあって素晴らしいですね。
from   : 2006/06/21 18:18
TBありがとうございました。まさにドクダミの大集落ですね。
ドクダミと焼酎で作る化粧水も沢山出来そう。
from  さくら 吹雪 : 2006/06/21 20:43
こんにちは、満月(みつき)と申します。
先日は、TBありがとうございました。

写真を拝見して、「うわぁ〜♪」でした。
可愛いですね、凄いですね。
こんなに沢山咲いているのは、初めて見ました。
一輪でも可愛らしいですが、群生もなかなかいいです。
こんな可愛らしい柄のお布団で、ぐっすりお昼寝してみたいです...匂わなければ...マムシさんが出なければ...(^^;。

今度また、お邪魔させて頂きます。
from  満月 : 2006/06/23 09:21
あらら、大変。こんなにたくさんのコメントをいただいているのに気が付かないでおりました。
ドクダミって英語名でも“Dokudami”なのよね。

薬草としての効能はたいしたもので「毒矯み」「毒痛み」が名前の由来らしいのですが、
かわいらしい花なのに、ちょっとカワイソウな名前なのはみなさんも感じていらっしゃるところで。

それにしても、ドクダミで化粧水まで作るのは知らなかった。におわないのかしら。
お茶はよく聞きますけどね。

今日はみなさんのご要望にお応えして(?)、「マムシの捕まえ方」を記事にしてみました。
でも素人の方は危険ですので真似しないでね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/25 13:13
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/94



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。