Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 続々・椿の炭焼き〜精練  ◆  モリアオガエルの卵 >>
Sunday 17:29
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島の風景
comment : 22
trackbacks : 0

伊豆大島でも紫陽花がいっぱい


伊豆大島でも関東地方と同様、昨日から梅雨入りということで。

雨は鬱陶しいですが、梅雨なりの楽しみもあるものですよ。
あまり知られていませんが、大島でも紫陽花の見どころがあるんです。



その名も『あじさいレインボーライン』。

メインで使われる道ではありませんが、大島公園方面から三原山へ昇る道路には
たくさんのあじさいが植えられています。



すでに紫陽花祭りなどで盛り上がっている地方もあるかとは思いますが、
この道路沿いのあじさいは少し開花が遅めです。山の方ですからね。



登り口は青いタマアジサイがたくさん咲き始めました。
山頂方面はガクアジサイがほとんどなので開花はまだまだ。



もう少しすると道路沿いにいっぱいの紫陽花が楽しめますよ。
その準備のためか、昨日は道端の草刈作業をしておりました。



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

梅雨入りしましたね。紫陽花が美しい季節!!
鬱陶しさを吹き飛ばしてくれます。
ブルーの玉紫陽花殻涼しさが届きました。
紫陽花を眺めながらのドライブ快適でしょうね。
from  mico : 2006/06/12 09:53
いつもコメントをいただいておりまして、ありがとうございます。
ここは、三原山への登山道の一つ。やはり少し気温が低いのでしょうか。
本格的な見ごろはまだまだこれからです。かなり長い期間、楽しめると思いますよ。
真夏に咲いている、ちょっとおまぬけなアジサイもあったりして・・・。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/12 12:06
はじめまして。トラックバックありがとうございます。
伊豆大島ですか!実はまだ行った事がないんです。
観光したくなるようなページですね。またお邪魔させていただきます。
from  くてくて : 2006/06/12 13:01
トラックバックいただきありがとうございます。
長崎の街はいたるところで紫陽花を眺める事ができます。
機会がございましたら、長崎の街にも遊びに来て下さい。

また長崎の五島列島も椿の名産地で、椿油等が有名です。
伊豆大島と長崎は意外と共通点が多いのかもしれませんね。

ちなみに私の奥方の旧姓が「椿山(つばきやま)」といい、五島出身者にはこの苗字が多いようです。
また遊びによらせていただきます。
from  はらぐch : 2006/06/12 13:02
はじめまして
お邪魔いたします。
トラックバックどうもありがとうございました
「アジサイレインボーライン」という名前があるなんて素敵ですね
いっせいに花が開いたらきっと綺麗なんでしょうね〜
from   : 2006/06/12 13:27
一番上のコメントからと云う字がまちがっていま〜す。
トラックバック有り難うございました。
from  mico : 2006/06/12 13:40
はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
いつも鉢植えのあじさいばかり見ておりますので感激しております。
でも実際に見たらもっと感激でしょうね。
すばらしいです。
from  AONA : 2006/06/12 13:43
TBありがとうございました。
こちらからも晴らして頂きました。
このじめじめした気候のなか、紫陽花の清涼感が心を癒してくれます。
素敵な花ですよね。
from  fujimino : 2006/06/12 14:46
はじめまして。
トラックバックありがとうございました♪
ほんと、あじさいって素敵ですよね。
色んな色があってどれも欲しくなってしまいます。
私はやはり白いあじさいが好きですv
from  may : 2006/06/12 16:44
はじめまして。
横浜写真ライフにTBしていただきありがとうございました。
伊豆大島からですか〜。
私は、まだ一度も伊豆大島に、訪れたことがありません。
こうしてブログでのご縁があると、行ってみたくなりますね〜。
ところで、梅雨に入ったとのこと、大島の梅雨の時期はこちらとは違うのでしょうか?
神奈川県よりたくさん雨が降るような気がしていますが、、、。
from  letasu : 2006/06/12 17:21
トラックバックありがとうございます。
伊豆大島のあじさいもこれからですね。
満開になるとさぞかしきれいなんでしょうね〜。
うちのほうもまだまだです。これからが楽しみです。
from  エコ : 2006/06/12 17:52
トラックバックありがとうございます。
緑とあじさいの色がめちゃきれいですね。
伊豆、小笠原、一度行ってみたいところです☆
from  hekoayu : 2006/06/12 18:07
トラックバックありがとうございます。
伊豆大島はいつか調布飛行場から飛行機に乗って行って見たいとおもっています。
from  ど素人自転車乗り : 2006/06/12 18:55
はじめまして。
大島といえばツバキと思っていましたが、アジサイもあるんですね。気候的には合っているかも。
from  スタジオA : 2006/06/12 20:02
TBいただきまして有り難うございます。
雨の日にデジカメ撮影というのは迷ったのですが、やっぱり雨に濡れてこそ紫陽花の美しさが光りますね。
伊豆大島はまだ一度も行ったことがないので、是非じっくりゆっくりと見てみたいですネ〜。ステキな写真を見ながら思いました・・・。
from  toycozy : 2006/06/12 20:21
はじめまして〜 
トラックバックありがとうございます。
やぶ乃椿散人さんのブログ、素敵ですね〜
ロハスな生活を実践って感じで すごぃ羨ましぃです。
伊豆大島、わたしも行ってみたいです。 σ(。・・。)
from  瑠璃香 : 2006/06/12 22:15
みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。できるだけご返事をさせていただいたのですが、イマイチ使い方がわからなくて書き込めない方がいらっしゃいました。不慣れなものでごめんなさいね。島には我々が気が付かないような割りと珍しいものがいろいろあるみたいで、今後もぼちぼちですがちょっとした出来事でも更新していこうと思っています。また遊びに来て下さいね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/13 19:03
こんにちは!
トラックバックありがとうございます。
伊豆大島・・・私には関係ない場所だと思っていましたが、
こういうふうに伊豆大島を知ることができました。
一度行ってみたくなりましたよ(^_-)v
from  まんまんちゃん : 2006/06/14 06:59
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。

伊豆大島には、かれこれ20年くらい前に行ったことがあります。
このたびのトラックバックのご縁で、その時のことを思い出して、懐かしくなりました。

そして、友人に、おばあちゃんが大島に住んでいる という人がいます。
その友人のおばあちゃんが、具合が悪くなって、友人一家の住む東京に呼び寄せたそうです。
ところが、ぜんぜん良くならず、どうしようかと思案していると、おばあちゃんは、大島に帰りたいと言ったそうな。
本人が望んでいるのなら と、大島に戻ってもらったそうです。
すると、ころっと様子が変わって、急に元気を取り戻し、一気に回復した とのこと。
大島に住む人にとっては、それほど島と人と深い結びつきがあるのだなあ と、実感したお話でした。
うらやましいです。

また久し振りに大島に行きたくなりました。
from  クニミチ : 2006/06/15 00:41
はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
まだ伊豆大島には行ったことがないのですが、紫陽花が見られるのですね。
一度行ってみたいです。
椿を扱っている仕事をされているとのこと。
子供の頃住んでいた家に唯一あった木が椿で、私には思い出深い木です。
ますます伊豆大島に行きたくなりました。
from  でこすけ : 2006/06/15 15:59
トラックバックありがとうございます。
あじさいはホント季節の花ですよね。
普段はぜんぜん気がつかないのに
この時期には、雰囲気をだしてくれます。
伊豆・・・一度行ってみたいです。
from  ブゥ〜ブゥ〜 : 2006/06/16 07:36
離島って、何かのきっかけがないと行くのがムツカシイですよね。
関東の方にはおなじみの島かとは思いますが、それでもやっぱり近くて遠い場所なんだと思います。
何かのきっかけでお越しいただくことがありましたら、お声をかけていただければ幸いです。

クニミチ様、おばあさまはその後いかがでしょうか。
20年前の大噴火で非難したときにもそんなお年寄りの方がいらっしゃったように記憶しています。
まあ、ふるさとってどんな場所でもそのようなものなのかもしれませんね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/19 16:15
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/91



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。