Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 剪定した椿も緑が深く・・・  ◆  椿の炭、焼いてます。 >>
Thursday 10:35
posted by やぶ乃椿散人
椿の炭焼き
comment : 2
trackbacks : 0

ボチボチ、炭を焼こうかなぁ


椿山の炭焼き小屋のまわりに椿の原木がずいぶん積まれてきました。
ボチボチ、炭焼きをしようかなぁと考えております。



椿の炭しか焼かないので年に何回かしか焼けないんですけどね。
剪定した椿の枝もちゃんととっておいて炭を焼きます。



大島にお住まいの方は見物に来てみたらいかが?
今積まれている炭木がなくなったら炭窯につめ込まれたということですので
その何日か後にはたなびく煙が見られることでしょう。



椿の炭しか焼かない炭焼き窯って、全国でも珍しいんじゃないかな。
ご希望の方にはおわけしているので、ご連絡ください。


→“椿の炭焼き”の過去の記事をまとめて

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

伊豆大島 まだ一度も行ったことがないです。
椿の炭焼き 焼き物 いい感じに想像させられます。
私は竹を切って炭を焼いていますが、自然の中はいいもの
です。
これからもご活躍期待しています。
from  里山散歩 : 2006/06/05 23:06
トラックバックいただきありがとうございます。
椿の炭どんなのでしょうネ。興味あります。
竹炭とカシやシイ類の炭しか知りませんでした。何の木や植物でも炭は焼けますよネ。椿の炭一度さわってみたいと思います。椿油は2回使いました。桧の手スリ材に塗りました。やぶ椿は、こちらにもたくさんあります。お茶花にも使われ私も好きな花の一つです。
from  ナリス : 2006/06/06 09:30
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/87



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。