Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 島じまん2006のタイムテーブル  ◆  剪定した椿も緑が深く・・・ >>
Friday 15:11
posted by やぶ乃椿散人
椿の花焼き
comment : 2
trackbacks : 0

椿の花工房!?


なんだか最近、「工房らしい話し」が全然なかったので、
少し仕事をしている姿でも載せてみましょうか。



手びねりでちょっと変った花入れを作っております。

なんだか今月は雨が多かったのでね。
外仕事ができないので焼き物の仕事がはかどりすぎちゃったりして。



でもって、出来上がりはコンナ感じ。



いろんな土でいろんな調子を作ります。
釉薬は椿の灰を使った単純なものを基本に、三原山の溶岩を使ったり、
椿油を搾った椿の種子殻を焼いた灰なんかも使ったりしますね。

伊豆大島の素材を使った“民芸焼き物”ですので、陶芸とか作陶なんて堅苦しい言葉は使わずに、今日も“土いじり”と洒落込みましょうか。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

ステキな花入れですね〜
細長い口がお花が倒れないので、とっても飾りやすいですね
from  mika2005 : 2006/05/31 08:15
ずいぶん変っているんですけどね。
みなさん割りと気に入ってくれるのではりきって作っております。

焼き物や釉薬の話も、またご紹介していきますね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/06/01 10:47
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/85



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。