Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 挿し木の椿も新芽が。  ◆  お花畑のような・・・ >>
Wednesday 11:40
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 6
trackbacks : 0

椿の実も膨らみはじめ。


私が仕事をする椿山でも椿の実が膨らみはじめました。



伊豆大島の椿は毎年11月くらいから3月くらいに順番に咲きますが、
そのうちおよそ2月以降に咲いたものがこの時期に実をつけるんですね。

5月〜6月ごろ、目立つように大きくなっていきます。
椿油を搾るために収穫するのは9月1週目くらいからかな。

木に登ったり鉤をつけた棒で引っ掛けて落としたりして収穫します。
青いままで膨らんだ実を天日に干しておくとだんだんひび割れて
かわいらしい茶色い実がいっぱい採れるんですね。



油を搾る前の椿の実はコンナ感じ。
アクセサリーを作るのに使ったりもしますね。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

はじめまして
私のブログにTBありがとうございます
こちらからも送らせていただきました
椿の事、勉強になりました
ありがとうございます
from  ラベンダ♪ : 2006/05/11 15:49
伊豆大島でも今年の椿はずいぶん咲く時期が遅く、4月に入ってから咲いているものもありました。
例年はだいたい11月〜3月くらいなんですよ。

日本はせまいといっても、これだけ花の咲く時期が違うのは面白いものですね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/05/12 19:46
TBありがとうございます。
灰が釉薬かわりになることは知ってましたが、
椿の灰も使うんですね。
沖縄ではサトウキビの灰を使う方とかいらっしゃるようです。
そうそう沖縄にも椿は咲きますよ。
椿の実を使ったアクセサリーの写真を探したんですが、
私がPCの操作っが不慣れなせいか、探せませんでした。
教えていただけたら、うれしいです。
from  ジョージ : 2006/05/12 21:13
伊豆大島の焼き物ですからね、私は椿の灰を使って釉薬をつくっています。“椿油を搾った後の椿の実の種子殻”を焼いた灰なんかも使いますね。コチラはずいぶん変った調子が出ます。

>沖縄ではサトウキビの灰使う方
これは面白そうですねぇ。地方によっていろいろ工夫しているみたいです。

>椿の実を使ったアクセサリー
かつて伊豆大島では一大産業だったんですけどね。今ではあまりやる人が少なくなってしまいました。
写真は探してみましょう。近いうちに掲載してみますので、また遊びに来てくださいね。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/05/13 14:38
はじめまして。青ヶ島のaura*と申します。
以前明日葉の記事では、TBありがとうございました。
今年は椿油作りに初挑戦したいと思っています。
もちろん片手間にちょこっとやるだけなので、何とか少量でも・・・
と言うレベルですが・・・。
ゆっくりと色々な記事読ませていただいて、勉強したいと思います。
from  aura* : 2006/05/27 09:40
今自由勉強で、椿油しぼり体験っていうのをやってるんですけどぉ…
from  ゆきの♪ : 2006/08/30 10:49
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/79



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。