Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< “椿の灰つくり”補足  ◆  椿の花工房のお店 >>
Sunday 10:53
posted by やぶ乃椿散人
スケッチで見る大島
comment : 4
trackbacks : 0

大島でも桜の次はツツジ。


季節ごとに花が楽しめるのはとても恵まれた環境でして。
伊豆大島でも桜の季節が終わるとツツジの花が咲き乱れます。
オオシマザクラの次はオオシマツツジというわけね。

オオシマツツジはヤマツツジの海岸型で、ヤマツツジに比べると花が大きめで色は鮮やかであると言われているそうよ。

特に名所があるというわけではないんですけどね、大島一週道路や海岸方面、三原山への登山道など、アチラコチラで目を楽しませてくれます。

本格的な見ごろは5月からですので、今日は私の友人の画家・藤井恵子さんんのスケッチで雰囲気をお楽しみください。



オオシマツツジと割れ目噴火
五月の三原山はオオシマツツジが美しい。ピンク色からサーモンピンク、なかにはオレンジが濃い花・赤が濃い花もあるが、遠景はサーモンピンクの花畑。花は大きく内側に斑が入っている。また散り花も美しい。割れ目噴火は三原山の側噴火。赤い溶岩とオオシマツツジがよく似合う。

1986年三原山大噴火の際に出来た割れ目噴火の火口付近ね。
お天気によってはずいぶん違った姿を見せる景色ですけれど、
今年はどんな姿を見せてくれることかしら。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

TBありがとうございます。
椿が人生のような生活でしょうか。。。都会人には想像できない部分もあります。
from  スーパーTS : 2006/05/06 20:51
トラバありがとうございます。
見事な絵画に見入ってしまいました。
椿に囲まれた生活なんですね。
そういった自然の中の生活に憧れる部分も多々あるなぁと
思ってしまいました。
from  totto : 2006/05/07 02:27
高速船が就航してからは東京の竹芝桟橋から2時間かからないで来れるようになった伊豆大島です。都会からほんの少しの時間で、自然しかない(?)島まで来てしまうなんて、そう考えると少し不思議ですよね。ガス抜きが必要なときは、たまには遊びに来てみて下さい。
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/05/08 13:43
TBありがとうございます。

大島はこれからなんですね・・・
こちらのツツジは終わってしまいました。
これからはアジサイの季節です。
梅雨は嫌いですがアジサイは大好きです。

ツツジが満開になったら是非とも画像アップして下さい。
from  first−finale : 2006/05/10 11:14
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/74



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。