Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< いろりやだより 第3号  ◆  椿の花焼”茶器” >>
Sunday 17:20
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつりも明日で終わり


1月28日からはじまった椿まつりも明日で終わりね。
お祭りが終わっても、なんとなく寂しい気分にならないのは、これからもっと気候がよくなり、今度はつつじが咲き、アジサイが咲き、そして青い空の夏と季節が移り行く始まりだからでしょうか。



椿まつりの期間中は、椿プラザに毎日"出勤"していた私ですが、これからはまた港が見える丘の"椿山"で過ごす時間が多くなります。

下草を刈ったり、炭木を切り出したり。
また次の冬に咲く赤い椿を思いながらね。

今日の一枚は椿山の入り口、"椿の小径"でした。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/62



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。