Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 大島桜と三原山  ◆  椿まつりは3月27日までよ >>
Wednesday 11:23
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 0
trackbacks : 0

椿の木の傷は・・・


冬場、椿の木に真新しい傷がいっぱい付いているのを見かけることがありますが、はたしてあれは何でしょう?



ありゃぁ、リスがかじった跡です。
かじかじかじっと、細長くかじるのですね。

まだ人が出ださない朝方、私の働く椿山でも、たくさんのリスがたむろしているのを見かけます。悪さをしなければかわいらしいんですけどね。



何も、椿の木だけをかじるっていうわけではないんですけどね。
"港が見える丘"にある大きなタメの木もこの通り。



それにしても今年の冬は、山に食べるものが少なかったのでしょうか。
ずいぶん派手にかじられております・・・。

→「椿山のお話し」のご紹介全文

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/55



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。