Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< "椿まつり夜まつり"いよいよ開催!  ◆  伊豆大島 椿の隠れ里 >>
Sunday 16:13
posted by やぶ乃椿散人
スケッチで見る大島
comment : 0
trackbacks : 0

スケッチで見る”つばき”


花の話題から少し遠ざかっていましたのでね、今日は椿の花をスケッチでご紹介しましょうか。せっかく椿まつり開催中の伊豆大島ですものね。花がいっぱいのほうがいいでしょう。

この椿のスケッチはすべて、大島にご実家がある画家・藤井恵子さんの作品。
酒飲みでホラ吹きの私ですが、お仲間にはこんなステキなタッチで描かれる方もいるんですよ。


【ヤブツバキ】
日本に自生する野生の椿。赤系の五弁の花びら、おしべの先端のみ黄色。他に白・ピンク・紫がかった赤などがある。形も椀咲き・筒咲きなどのバリエーションがある。

【ヤブツバキ白】
白のヤブツバキ。
大島ではふつうに見られる。

【香紫】
伊豆大島で見つかったヤブツバキの変種。紫がかった赤。

【斑入桐谷】
ユキツバキの斑入り。

【初黄】
中国の金花茶と日本の白椿とのハイブリッド。日本で初の黄色い椿という意味の初黄という名を持つ。

【雪椿】
裏日本などの雪の多いところに自生する野生のツバキ。五弁の花びらは平たく咲く。おしべの付け根まで黄色い。葉はヤブツバキより細長い。

【香御前】
三宅島で見つかった野生のヤブツバキの変種。淡いピンクが可憐。

【鵜土黒】
ヤブツバキの変種。
黒がかった赤で美しい。

【雪端椿】
ヤブツバキとユキツバキの混じった野生種と考えられている。
おしべの先だけが黄色い。

【秀蘭】
人工交配で作った椿。
淡いピンクが美しい。

【マーガレット・デイビス】
日本の椿が海外に渡って、交配され戻ってきたもの。バラを思わせるような八重咲き。つぼみも可愛い。

【銀葉椿】
伊豆大島で見つかったヤブツバキの変種。花は小型で抱え咲き。葉は鋸状のぎざぎざが有る。つぼみは丸い。


もう少し大きな画像でご紹介したかったんですけどね。それはまたの機会に。

この椿のスケッチは12枚組のポストカード集として一部800円で販売しておりまして、売上の一部は伊豆大島の自然保護活動に利用させていただきます。

椿まつりの期間中は椿プラザの私の露店にて取り扱っておりますので、是非ながめていってください。




"伊豆大島椿まつり"はまだまだ開催中です!


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/44



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。