Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< "椿プラザ"のお店案内  ◆  "つばき子ちゃん"が椿の見どころ、ご案内 >>
Wednesday 17:50
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 2
trackbacks : 0

"椿の女王コンテスト"のご報告


ちょっと話題が古くなってしまいましたけどね、椿まつりのイベントで2月11日に行われました第15回"椿の女王コンテスト"のご報告です。

あら、ずいぶん古くなってしまいましたね。まあ勘弁してください。わたし、このサイト内でたまに顔が出てきますがコンピューターをいじれるような顔じゃないでしょ。根っからの"つばきおじさん"なもんですから。

手伝っていただいている方に更新をお願いしているんで、たまに話題がカレンダー通りにいかないこともあるのよね。それはご愛嬌ということで。



それにしても"あんこ衣装"を着た若い方がこれだけ集まると壮観ですねぇ。なかなかお目にかかれる光景でもありません。

いやね、年がいった方(なんと表現したらいいのか)のあんこ衣装も魅力的なんですよ。誤解のないように念のため。



で、コチラの方が今年の"椿の女王"。グランプリを受賞した竹澤ユイカさん(埼玉県入間郡)です。

これから一年、よろしくお願いしますね。
いや、私がよろしく言ってもあまり意味がないか。



で、コチラは椿まつりの期間中、私がやっている催しというかイベントというか。
ちょっと宣伝です。



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

女の子6人で卒業旅行で大島に遊びにきた者です。いろりで戴いたコーヒー、あったかくて
美味しかったです。椿祭りの会場では焼き物についていろいろお話を聞き、楽しかったです。
お土産にした焼き物は母が喜んでくれました。
楽しい旅を、そしてあたたかな心をありがとうございました!
from  浜松からの旅人 : 2006/02/23 16:56
美しき 浜松からの6人の旅人へ

ナンノナンノ・・・。姫殿の皆様にその様に喜んでいただけるとは、全くこのジイも大変うれしゅうござる。願わくば皆様方も良き人生の旅を続けられて、またいつの日か椿の花咲くころ、椿山のいろりやで老いの鼻水すすりながらお茶などご一緒できたらと楽しみにしております。

このやつがれ、歳は50をこえたような気もするがナンノ、100才にはまだまだ。いつの日か椿山の仙人となるべく、大酒を飲みながら修行中です。今度は椿山に立ちこめる雲の上からお話できることでしょう。

では又、いずれの日にか・・・
from  散人 : 2006/02/24 09:48
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/41



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。