Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 焼き物に使う"火山灰"と"溶岩"と  ◆  "椿プラザ"のお店案内 >>
Monday 13:21
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2006
comment : 1
trackbacks : 0

椿プラザの日曜日

椿まつり開催中の伊豆大島ですが、日曜日になると平日お仕事をされている島の人も"椿プラザ"集まってくれて、会場を盛り上げてくれます。


コチラは創作ダンスの"御神火よさこい舞隊"。ちびっ子から若い世代、幅広い年代で構成されているみたいね。黒い衣装の背中には「私しゃ大島、御神火育ち」と大島節の歌詞が刻まれていて、こりゃ勇ましい。


若い世代の"あんこさん"が私の焼き物のお店をのぞいてくれております。毎日来てくれたりすると、おっちゃんもついついはりきり過ぎちゃったりして。


お客さんも"あんこ衣装"に着替えて記念撮影。ダイジョウブですよ、バッチリ決まってるから! コチラのサービスは毎日やっていますし、着付けも地元のあんこさんが手伝ってくれるからね。


椿の花も、けっこう咲いている木もご覧いただけるようになりました。それでも今年はちょっと少なめなんですけどね。


左:大島公園入り口の椿並木  右:椿プラザ内の園芸種椿

→他にも椿祭りの話題を


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

椿まつりの真っ最中なんですね。
前にも書きましたが、あんこさんたちの写真を見て、思い出しました。真夏の大島に2泊し、最終日に岡田港から元村に戻って、たしか「大島椿」という椿油の製造・販売をやっているお店に立ち寄りました。ここできれいなあんこさんたちの歌と踊りを鑑賞。「えんやらやのやー、えんやらやのあんこさんに……(後は忘れた)」を思い出しました。帰りには、そのあんこさんたちが港まで見送りに来てくれましたね。
from  jirochan : 2006/04/06 22:47
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/39



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。