Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿の花焼き、今年の露店  ◆  今年の"椿展"の様子・続き >>
Thursday 12:16
posted by やぶ乃椿散人
椿炭のいろりや
comment : 0
trackbacks : 0

あいにくの雨模様で。


椿まつりの期間中でも雨は降るもので。
まあ、コレばっかりはどうしようもないですね。

特にやることがなかったら、"椿炭のいろりや"でちょっと暖まっていってくださいな。
こんなおっちゃんがいますので。



大きなイロリに椿の炭をくべてあったかくしておきますよ。

私の焼き物"椿の花焼き"、コチラにも置いてありますのでお茶でも啜りながらながめていってくださいね。



【ビールのための土の器】(左上)
泡がキレイでよく冷える。飲みすぎちゃっても知らないよ。
【大島づくしのユノミ】(右上)
山のケムリと椿の花をあしらいました。変わった釉薬も使っています。
【花器いろいろ】(左下)
コチラではスペースがあるので大小、さまざま置いています。
【椿の花釉の大皿】(右下)
椿の灰と長石等による透明釉。キレイなピンク色がステキでしょ。



今日は魚用の平皿をピックアップしてみましょうか。別に魚用に使っていただかなくても結構なのですが。

左:サンマ皿  右:ヒラマサ皿



大物ネライの方は間違いなく右の大皿、ヒラマサ皿を。この大皿に見事な大物のお造りを盛り付ければなんといっても雰囲気バツグン。

ただね、そうそう大物が釣れるわけではないでしょうし、食器棚の中にしまいっぱなしっていうことにならないように、ご注意くださいね。

まあ、サンマ皿くらいの大きさがちょうどいいんじゃないですか。いつでも日常的に使えそうですし。魚でなくてもお漬物や季節の野菜、和菓子なんかを盛り付けて、テーブルの彩りにしていただければ。

→"椿炭のいろりや"でプレゼントキャンペーンやってます

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/36



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。