Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 山形県のサクランボの種でブレスレットを  ◆  伊豆大島のまむし酒、お分けいたします。 >>
Monday 19:42
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島のいろんな話
comment : 0
trackbacks : 0

椿の灰を焼く“窯”をこしらえる

梅雨明け宣言があってからも霧の多かった山の方だけど、今日はやっと夏らしいお天気に! 今年も暑くなりそうですねぇ。

さて、椿の灰をご紹介するホームページを作ったところ、陶芸や染色用にと各方面より引き合いがあり、ありがたいことです。


椿灰のご紹介http://shimatsubaki.jimdo.com/


全国の皆さんにご利用いただけるということでしたら、今後も自分で使う分以外にも作り続けていこうと思い、畑の隅に専用の“窯”をこしらえました。



ブロックの簡単なつくりだけど、ちゃんと鉄筋を入れたり、ムラなく灰になるように底に保温性を高める工夫をしたり、見た目以上に手が込んでいたりして♪











昨年末より、ずいぶん多くの方にお分けしてきましたので、今のところ手持ちの灰が少なくなっております。

時期がくればまた作り始めますが、急なご入用がございましたら、お早めにお問合せいただくようお願いいたしますw



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/270



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。