Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 大島桜の実はビーズに使います♪  ◆  椿の灰を焼く“窯”をこしらえる >>
Saturday 13:39
posted by やぶ乃椿散人
木の実のアクセサリー
comment : 0
trackbacks : 0

山形県のサクランボの種でブレスレットを

ご贈答用のサクランボが店頭に並ぶような時期になったでしょうか。ラジオショッピングでも頻繁に取り上げられています。

サクランボの産地として有名な山形県。

伊豆大島では昔から山形県と友好関係にあって、そんなご縁で私たち椿の花工房でも、山形県の桜桃の種をアクセサリーの材料として使うこともあります。



奥の白いツブが加工用に作業済みの桜桃の種。
いろんな色に染めた種を、虎目石や水晶と組み合わせてブレスレットを作ってみましたよ♪


 

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/269



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。