Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿の新芽、膨らみ始めた椿の実、青いさくらんぼ  ◆  甕仕込みの梅酒を開ける >>
Sunday 18:11
posted by やぶ乃椿散人
-
comment : 0
trackbacks : 0

ご案内:村田五郎|米寿記念作陶展

長いこと当工房の椿灰を作陶に使っていただている方より、個展のご案内をいただきましたのでコチラでもご紹介させていただきます。

▼村田五郎|米寿記念作陶展
・平成25年5月29日(水)〜6月3日(月)
・会場:万国橋ギャラリー(馬車路駅下車/徒歩1分)



ご案内のはがきにある黄瀬戸の大皿には椿の灰が使われているとのことで。

大島からですとなかなかこういった機会に足を運ぶことは出来ませんが、期間中、横浜観光などでお出かけの機会がありましたら是非お立ち寄り下さい。

 


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/264



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。