Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 西風吹く、大島の冬  ◆  椿プラザの露天では >>
Saturday 11:18
posted by やぶ乃椿散人
スケッチで見る大島
comment : 0
trackbacks : 0

トップを飾る"やぶ椿"の画

お問合せがありましたので、トップを飾る"やぶ椿"の画の説明を少々。コチラは大島にご実家がある画家・藤井恵子さんの作品。
作者の人柄どおり(?)、とても可憐でステキでしょ。


ヤブツバキ。日本に自生する野生の椿。
赤系の五弁の花びらで、おしべの先端のみ黄色。他に白・ピンク・紫がかった赤などがあり、形も椀咲き・筒咲きなどのバリエーションがいろいろあるのね。学名もステキ。"Camellia Japonica(Wild type)"というそうです。

自然のままの椿ですので、木ごとに花の形や色が少しずつ違うのも魅力的。自分のお気に入りの花を探して歩くのも楽しいもので。

せっかくなので藤井恵子さんの作品をもう一枚。

椿祭りのメイン会場"椿プラザ"に向かう途中の"泉津"という地域にある「椿トンネル」の風景。ちょっと昔の姿ですね。


両端のやぶ椿が道に覆いかぶさるようにのびて出来た椿のトンネル。薄暗い森のような雰囲気の中を差し込む木漏れ日が、なんとも言えない心地よさを誘ってくれたりして。

今ではアスファルトに舗装されてちょっと情緒に欠けますかね。
画の方がずいぶんステキかしら。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/26



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。