Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< グレップ酒〜今年も泉津からの恵み  ◆  2年後のアシタバの苗を畑に植え替え >>
Sunday 18:27
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2013
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつりも終わり、辺りはすっかり春に

毎年のことだけれど、冬の間中、椿まつりの出店で頑張ってきて、終わる頃にはすっかり春に。

畑を囲むオオシマザクラは、文字通り見ているうちに花を咲かせ、木蓮や水仙はそろそろ盛りが過ぎ。



真冬に野鳥たちが遊んでいた池の周りも春らしく色をつけ。



小さな木だけど、ボケの花がこれだけ咲くと豪華。


福島から来た枝垂れ梅には花が一つ付いた。



今年は開花が遅れたおかげで、椿の花がまだ楽しめる。
じいさまの代からあるピンク色のやぶ椿が可愛らしい。



季節が巡ってまた椿の時期が来るまで、やりたいことはいっぱいで。

なかなか休んでいるわけにはいかないかもしれないけれど、暖かな春の日には、少しぼんやりしてみましょうか。

小さいことばかりですが、お楽しみがいろいろありますよ。
こんな島です。よろしくお願いします。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/258



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。