Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 「椿炭のいろりや」の場所  ◆  こんなに咲いている椿も >>
Monday 13:56
posted by やぶ乃椿散人
椿炭のいろりや
comment : 0
trackbacks : 0

"大島桜"造りのいろり

一昨日の記事でも、ちらっと画像を載せたのですが、「椿炭のいろりや」で使う"いろり"は総大島桜(オオシマザクラ)の造りです。


大島桜は緑色のはっぱとまっ白な花がほぼ同時に出るのが特徴で、ソメイヨシノとはずいぶん違います。大島では早ければ3月下旬にも花をつけ始めます。

遠くで見れば白と緑が青空に美しく映え、近くに寄れば緑のはっぱの中に、同じような色のメジロさんが遊びに来ているのも見れるでしょうか。

ちなみに"桜もち"に使われる葉は、大島桜のもの。
葉っぱが大きいので使いやすいんですって。


そんな大島桜を使った"いろり"に、椿の炭がくべられます。椿の炭しか使いませんし、灰もすべて椿のもの。

ああ、椿、つばき、ツバキ。椿と桜。なんという心の贅沢なのでしょう。
開店までもう少しだけお待ちくださいね。


→椿の炭の画像はコチラをご覧ください。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/23



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。