Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 前略・想い出ロードの入口より  ◆  椿の花も咲いて、伊豆大島でもお正月。 >>
Tuesday 19:48
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

泉津・桜株まつり、今年も。

 
椿プラザからの帰り道。泉津の入口あたりで見つけたよ。



昨年、サクラッカブで初めて行われた「桜株まつり」。
今年も開催されるようだ。

泉津の地元の人たちによる手作りのお祭りで、オオシマザクラの巨木を背景に、とても雰囲気のいいお祭りであったことを覚えている。



今年の開催は4月11日と12日。

おばちゃんたち手作りのお菓子や歌に踊りが楽しめるほか、島にゆかりあるミュージシャンのライブコンサート(11日)や、今年の吉谷神社正月際で活躍された元町北組の若衆踊り(12日)など、ゲストも駆けつけてお祭りを盛り上げる。



昨年の第一回開催では「この株にあやかりて」と描かれたステキな絵馬が印象的だったが、今年もみなさんやる気満々のご様子で、きっと楽しいお祭りなるだろう。



島の人はもちろん、ご旅行でいらっしゃるお客様も、
是非遊びにいってみてください。

観光のためのお祭りではなく、島の暮らしを肌に感じるようなお祭りが楽しめるのではないでしょうか。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/174



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。