Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿の花焼 〜 金花椿の抹茶碗  ◆  前略・想い出ロードの入口より >>
Saturday 19:25
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

雨も降るけど、花も咲く 〜 ある日の椿園から

 
今年は、雨が多かったなぁ。
花を楽しむお祭りで、雨に降られるとうまくない。

特に今年は、お客さんの多い週末に雨が多かったようで、せっかく遊びに来てくれたお客さんが、楽しんでいただけたかどうか、ちょっと心配である。



こんな晴れの日、広い敷地の椿園をぶらぶら歩いていると、とても気分のいいものだ。

たくさんの種類の椿が植えられており、一つ一つをながめていくと、いつの間にかずいぶんと奥に足を運んでいたり。





いつしか人の姿も見えなくなり、私一人、たくさんの椿に囲まれて、これはこれは贅沢なものであるのかもしれない。



椿で知られる島の椿園であるから、それは立派なものである。

敷地も広いし、園芸種から世界各地の椿まで、種類も多い。
たくさんの人たちの手により、キレイに整備されている。



ただ、駆け足の旅行だと、こうしてのんびりと花をながめていくのも難しいものなのかもしれない。

人の手で作られたお祭りだけでなく、いろんな魅力がある島なので、お天気がよくなったら、是非ともまたゆっくりと遊びに来ていただきたいものだ。



雨の日もあるけれども、だんだんと暖かく春らしい陽気になってきた。
今年の椿まつりも、そろそろ終盤。

楽しい旅の思い出に、少しでもお役に立てれば幸いです。



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/172



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。