Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< あんこさんの手踊り「アンコ椿は恋の花」  ◆  椿の花焼 〜 金花椿の抹茶碗 >>
Tuesday 18:34
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 1
trackbacks : 0

残念。アンコ撮影会は中止でした。

 
椿の女王コンテストが終わると開催される“アンコ撮影会”。
毎年、大好評をいただいているイベントなのですが…



今年は2月21日に行われる予定でしたが、折からの低気圧の雨と風により中止となってしまい、楽しみにしていた人たちをがっかりさせました。

雨にぬれた椿園の花々も何となく所在なげ…



予定されていた参加者は、今年度のミス椿の女王ほか、7名のかわいらしいアンコ姿の娘さん、カメラマン・関係者など、80数名の皆様。

今回は残念でしたが、来年の椿まつりでの開催をお楽しみに。
島の椿が、心よりお待ちしています。



引き続きまして今週は、ちょっとお天気がイマイチなようです。
週末には回復してくれるでしょうか…。

日曜日からは3月ですので、寒さを感じる日にもあたたかな春のイメージで、
ご来島のみなさまをお迎えしたいと思っています。




Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

そうでしたね。このフォトコンで入選したこともあり楽しみにしていたのですが・・
年々参加者が少なくなっているみたいで寂しく思っていました。
デジカメ時代で周りをみるとデジカメばかり。主催がフジフィルムなのに銀塩派にとって切ないです。
また、会場でのアンコさん達の手踊りも変化がなく撮影も遠退いてしまいました。
観光客さんにとっては、物珍しさもあるのでしょうが、もう一工夫でしょうか?
from  やぶ椿 : 2009/02/24 21:48
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/170



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。