Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< アシタバなんかもやっています。  ◆  あんこさんの手踊り「アンコ椿は恋の花」 >>
Friday 18:07
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2009
comment : 0
trackbacks : 0

伊豆大島のあしたば・根切りの苗

 
三原山の中腹、我が家の畑で取れたアシタバ。

都会の人にも大島の自然の風味を味わっていただこうと思い、
今年は椿プラザにアシタバの苗を持っていっている。



アシタバは伊豆大島の野山や畑のすみっこなどに自生している
とても丈夫な天然の野草。

内地に持っていっても根付きがいいように、根切りの苗として
作っているので、お手軽にお試しいただけると思います。



アシタバの根はこのような形。いわゆるゴボウ根。



適当な時期にこうして切り詰めておくと…



こまかい根がたくさん出てきますので、この状態で苗とします。



きわめて根付きやすい状態ですので、植木鉢やプランターなどで
どなたにも安心して育てることができるでしょう。

その芽をつんでもぎ、つぎからつぎに新しい新芽が育つので、
おひたし、油いため、おみそ汁などにご利用になって
自然の風味をお楽しみ下さい。




>>>三原山の中腹・牛飼いジイバアのあしたばの話し


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/168



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。