Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 散人、風流を気どってみるも・・・侘助椿の小径  ◆  白い畑で赤い椿をながめる。 >>
Thursday 11:10
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島の風景
comment : 0
trackbacks : 0

椿の島から〜暖かなお正月です。

 
今年の伊豆大島のお正月。とても静かで、いいお天気。

すでにたくさんの花をつけている椿の木も見られ、
今年は何だかいい年になりそうな予感。



前回、昨年の椿まつりの終わりごろに更新して以来の
ご無沙汰になってしまっているが、月日はめぐって
また椿の季節がやってきた。

お正月から椿の季節のみ更新するようなスタイルが
出来つつあるけれども、そんな調子もいいではないか。



冬になると島のいたるところで咲く椿の花と遊ぶために、
山から下りてくる。

それ以外の季節は、椿山の手入れをしたり、畑をいじったり、器を焼いたり
、酒を飲んだり。これでも意外と忙しいのよ、私。

そしてまた、椿の季節がやってきた。

今年も島に遊びに来るみなさんをおもてなしするため、
いろいろと準備を進めている。



まずはこれ。オオシマザクラで造った大囲炉裏。
完成したら、真っ白な椿の灰を入れて椿の炭を焼べる。

風が吹くちべたい日には、ゆったりと暖かな炭火を囲んで
暖まっていくのがよろしかろう。



大島で採れる木の実やなんかを使って果実酒もつけてみた。
サクランボ、ビワ、泉津のグレップ、クワの実、アシタバ等々。

どれも田舎っぽい味だけど、都会の人には物珍しいのではなかろうか。
お湯割りの準備をしてお待ちしているので、どうぞご賞味あれ。

それにしても、これだけの量の酒をつけて毎日のように味見をしていると、みなさんが遊びに来るころには、すべてのつぼみが満開になりそうで。

「花咲ジジイ」ならぬ「花酒ジジイ」たる所以か。



そんなこんなで準備を進めておりますが、今年の椿まつりは1月31日から。メイン会場の椿プラザにて、様々なおもてなしの準備をしておりますので、見かけましたらお気軽に声をかけてください。



おだてると木にも登ります。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/157



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。