Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 島を離れるサンバシでは  ◆  伊豆大島でも、久しぶりの雨。 >>
Friday 17:21
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

春の陽の、椿園の花めぐり

 
広いひろい園内に、赤・白・しぼりなど、さまざまな椿、またやぶ椿。



今年は出だしに寒かったせいか、場所によってはまだ2分咲き、3分咲き。
3月になって暖かい陽ざしのなかで、かたいつぼみもようやくほころび始めたようだ。



種類によっては満開に咲き誇っているのも見られる。
はや咲きの大島桜もそこここで見られるようになった。



ヒヨドリの鳴く声、メジロのさえずり。
しずかな春の陽だまりのなかを、無心に散策するのも
とても良い思い出となるのではないか。



オススメは園内の温室。
手入れのいきとどいた室内には、色とりどりの様々な花々。



バラ、ユリ、ランとも見まごう花たち。
造化の神々の不思議と、人のたゆまぬ努力をも感じさせる花々。







前方中央には三本の黄色い椿。これは金花茶。
まん中の一本には金色のつぼみと、いくつかのかわいらしい花が…
これはとても珍しいものだとか。



振り向いて5メートルほど先には、園内でただ一本という、
うす紫色の椿の花。



あたたかい室内はすっかり春もよう。
皆様、椿の伊豆大島での、ゆったりとしたひとときをお過ごし下さい。



次回は「散人、風流・茶花の花めぐり」。乞う御期待。

やぶ乃椿散人

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/154



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。