Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 2月16日(土)あんこさんの撮影会報告  ◆  島を離れるサンバシでは >>
Monday 20:31
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿の島に雪がふる 〜つづき

 
 今年は伊豆大島でもずいぶんと雪がふる。いつも同じ景色に見える椿プラザでも、毎日いろいろな変化があるものだ。第二回目のある日の雪の記録は2月17日の分。題して・・・




〜雪とアンコさん〜

椿プラザも昼から雪模様。
椿園のお客様もいそぎ足。



ふる雪に負けじとおどるアンコさん。



赤い椿の花よりも  降る雪よりもなお燃える
島のアンコの心意気  野菊だましい見ておじゃれ



歌はご存知、アンコ節。
ア、エンヤラヤーノヤ。エンヤラヤノ・・・



島の天気は浮気で移り気・・・

一時間ほどでふりやんだ。
かがやくお日様も顔を出す。



かわいい豆アンコさんも現れて、一人前のモデルさん。
まわりのみんなも浮かれ出す。



寒かったけれどいい一日でした。
御来島のお客様、ありがとうございました。

降る雪のなか、アンコおどりは野菊の会の皆様。
おつかれさまでした。カゼなどひかぬ様・・・

明日の日よりはヤレホンニサナギルヤラ・・・


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/152



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。