Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< あなたもどうぞ! 島のアンコさんに変身。  ◆  ある日の雪の記録 >>
Thursday 16:32
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

金・土・日の岡田港では

 
伊豆大島漁業協同組合・岡田売店が営業しているそうな。
岡田港の観光協会が入った建物である。



金曜日・土曜日・日曜日の10時〜16時までのみの営業のようだけど、波浮港女性部のみなさんがボランティアで運営していることを考えると、とてもスバラシイ試みだと思う。

先日、看板メニューである『波浮港の味・愛情さつま揚げ“波浮ミンチ”』をさっそく買ってきてもらったのだが、これまたンマイ。



波浮のみなさんにとってはおなじみだそうだが、波浮漁港では筆島沖の定置網で捕れた新鮮な魚を使ってすり身を作り、パックにして売っているのだとか。

そのミンチを使っているのがこの『愛情さつま揚げ』である。
ふわふわな食感でまことにンマイ。

大判なさつま揚げが6枚で500円はお得だが、ついついビールが飲みたくなってしまうので気をつけること。



店内ではお食事も出来ます。カツ丼やら親子丼なんかもあるようだけど、せっかく島までやってきたのだから、大人のみなさんは島の素材を使った『日替わり弁当』や『アラ汁』などを食してみてはいかがでしょうか。



これ、ある日の日替わり弁当ね。

こちらは椿まつりの期間だけの営業なのでしょうか? いつもは閉まっている店のほうがおおいような岡田港ですが、せっかくのお祭りの期間なので、こんな試みが少しずつでも広がっていけばいいですね。



※出帆港が元町港のときは営業していないそうです。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/149



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。