Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿展の第一会場は明日・2月11日まで。  ◆  あなたもどうぞ! 島のアンコさんに変身。 >>
Monday 20:31
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

今日だけ!? 若いアンコさんで華やかで賑やか。

 
この日の椿プラザ、ステージ上では若いアンコさんたちでとても華やかな様子ですが、本日は“ミス椿の女王コンテスト”が開催されました。



みごと女王の栄冠に輝いた女性はこれから一年、伊豆大島の様々なPR活動に参加してもらえるそうですが、今年の椿の女王はこの方!



東京都多摩市にお住まいの浜田理恵子さん。ハキハキしていて活発そうで。とても明るい女性です。

こんなステキな方に伊豆大島のPRのお手伝いをしてもらえるなんて、私たちにとってはとても幸せなことかもしれませんね。

若い女性の美貌にばかり頼りっぱなしだと恥ずかしいので、じさまもまだまだ頑張りますか。



副賞の授与で浜田さんが手にしているのは・・・

私の焼き物、椿の花焼きの大皿でした。ここで自分の宣伝をしなければ格好よく締まったのかもしれませんが、まあいいではありませんか。

参加された方全員に、記念の器を差し上げました。



コチラは先代の椿の女王の佐藤明日香さん(左)。一年間お世話になりましたと言うことで、ミス大島の平川志穂さん(右)から椿の花束の贈呈です。

本当にご苦労様でした。また大島にも遊びに来てくださいね。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/147



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。