Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< やぶ乃椿散人流・島の豪華なお弁当!?  ◆  今日だけ!? 若いアンコさんで華やかで賑やか。 >>
Sunday 17:39
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿展の第一会場は明日・2月11日まで。

 
三連休ということもあり、椿プラザにもたくさんのお客さんがいらっしゃっています。毎年、これくらいの時期から椿の開花も、お客さんの来島数も本格的になっていきますね。



私の屋台の前は相変わらずヒマそうですが、今日は若い女性のお客様がたくさん話しかけてくれたので、売り上げ以上にゴキゲンであります。

それにしてもお日様の日の椿プラザはとても暖か。お客様にも、のんびりと島の雰囲気を楽しんでいってもらいたいものです。




ところで椿展の第一会場が明日までということなので、たまたま来ていたお手伝いさんに様子を見に行ってもらいました。



中央のモニュメントに“300万本”とあるのは、今年始まった『ツバキ花数え』の運動をPRしているようです。伊豆大島に300万本あるとされる椿の木を実際に数えてみようという運動なのだとか。



切花や活花の展示がメインですが、たくさんの種類の椿の花が並ぶ会場内はなかなか見ごたえがあるものです。お気に入りの花を探しながら眺めるのも楽しいものかもしれません。




ところで、いつも疑問に思っていたのですが、椿展の第一会場って何故に毎年この時期の開催なのでしょう? 来島されるお客様が増えていく時期に終わってしまうなんて、ちょっともったいないような気もしますが。

ちなみに、入口の看板も直っていましたとさ。




Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/146



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。