Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 第53回 伊豆大島・椿まつり開催  ◆  椿まつりも2月に入りました。 >>
Sunday 20:38
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿まつり2日目・江戸みこしとあんこパレード

 
昨日のオープニングセレモニーの賑やかさとはうって変わって、本日の『椿プラザ』はいたってのんびりムード。あたたかな日差しの中、のんびりとやっております。



椿まつりの2日目は元町港の周辺で『江戸みこしとあんこパレード』が開催されて、そちらがおおいに賑やかなのでしょう。私はプラザを離れるわけにはいかないので、昨日から来ていたお手伝いさんに様子を見てきてもらいました。



若いあんこさんを先頭に、賑やかなパレードが続きます。

大島町婦人会のみなさんは60人を超える団体で参加され、練り歩きながらあんこ節を披露。ちびっ子たちもあんこ姿でパレードに参加。高らかな掛け声とともに纏を掲げる一行をもりあげるお囃子のみなさんもあんこ衣装を着てくれていたりと、ずいぶんと賑やかな行列だったようです。



終点の元町港・観光協会前では御神火太鼓の演奏が行われており、到着したパレードの団体の方たちも順番にこちらでパフォーマンスを披露。踊りや太鼓を楽しんでいると、勇壮な掛け声とともに江戸みこしの一団がやってきて、わっしょいわっしょいとお祭りをもりあげてくれます。



なんだか元町の港が人で埋め尽されているようでしょ。これだけの人が港周辺にいることって、今ではもうほとんどないけど、ちょっとだけ昔の賑やかさを思い出させてくれます。

そしてはじめの画像に戻るわけですが・・・。



そのころ私は椿プラザにてのんびりと、お客さんとお話しをしたり日向ぼっこをしたり。

伊豆大島の椿まつりは、毎日がこんなに賑やかなお祭りという雰囲気ではありませんが、ゆっくりと花でも眺めに来てくださいな。長い期間やっているので、あったかい日も肌寒い日もありますけれど、みなさんのお住まいの場所よりちょっと南の伊豆大島へ、是非とも遊びに来てくださいな。

私、ちょっとこわい顔をしているかもしれませんが、意外とおしゃべりなので気軽に話しかけてみてくださいね。



せっかくなので「あんこパレード」の様子をもう少しお楽しみ下さい。
(クリックすると画像が表示されます)

60人を超えるあんこさんは大島町婦人会のみなさん。
ちびっこたちもあんこ衣装でパレードに参加。
高らかな掛け声とともに纏を掲げる男衆と・・・
あんこ姿で盛り上げてくれるお囃子の面々。
“大島節”のフレーズを背負った「御神火よさこい舞隊」。
友好都市の新潟県加茂市の方たちも踊りを披露。
壮観! これだけのあんこさんたちが輪になって踊ります。
お神輿にはちゃんと「椿まつり」の文字がありました。
さざえやさんも、かつぎ手のみなさんで賑わっています。
フィナーレは江戸みこしが観光協会前で3基そろい踏みです。

遠くからいらしてくれた方も、大島の方も、みなさん大変お疲れ様でした。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/139



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。