Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< やぶ乃椿散人、或る冬の一日。  ◆  第53回 伊豆大島・椿まつり開催 >>
Tuesday 18:31
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2008
comment : 0
trackbacks : 0

椿の枝のカンバン!

 
椿プラザで今年使う屋台のカンバンを作ろう!



この前切ってしまった椿の枝をうまく使って2組分作った。
アンコさん衣装テントの分と、私の焼き物のテントの分と。



もちろん自分用のを早く仕上げる。なかなかセコイ。

 

しかし我ながらいい出来に仕上がった。
椿の木もこの様に使われれば幸せだろう。



“椿プラザ”は1月26日から開催される椿まつりのメイン会場。
私も露天を出すので、毎日「出勤」することになります。
私のテントを見かけたら合言葉をどうぞ!

今年の合言葉は「カンバン!」又は「ヒマ人!」

うまく言えた人には伊豆大島の花か風景のステキなポストカードを2枚一組で差し上げます。もっとも、この散人たる人物、おだてられれば木に登るどころではないので、うんとほめればもっといいものがもらえるかも・・・
(100名様まで)

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/137



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。