Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿元年によせる椿の花焼・小品展  ◆  やぶ乃椿散人、或る冬の一日。 >>
Friday 19:35
posted by やぶ乃椿散人
椿の花焼き
comment : 0
trackbacks : 0

椿の花焼 小品展【華やかな器たち】 〜ご報告

 
先日、1月12日〜14日まで椿の花工房で行いました私の焼きもの『椿の花焼』の小品展が終了しましたのでご報告です。

いつもはごちゃごちゃしている工房内をキレイに片づけて、“椿の花いろり”には椿の炭をくべて、椿の花と一緒に焼き物を並べてみると、これまた立派な展示になりました!



島の方を中心にたくさんのお客さんにお越しいただいて、よろこんでもらえたみたいです。ご飯茶わんのセットやコーヒーカップ、椿の花をあしらった大皿なんかが人気がありましたね。

よかった、よかった。
おかげで今日もショーチューを飲むことができています。



椿元年のはじまりに、これだけみんなに喜んでもらえる展示ができたのなら、毎年趣向を凝らして続けてみようかしら。まあ、続けられるだけの年数ということにはなりますが。




実は当日まではバタバタとしておりまして、椿の花をあしらった大皿なんかは日程の前々日に焼きあがったばかりだったりして・・・。

今も椿まつり用の窯焚きをしたり、畑の様子を見たり、山で花を眺めたり、なかなか忙しい毎日なのです。

今年の椿まつりはいつからだ? 1月26日が初日か。
うん。あまり日がないな。
二日酔いになっている暇もありゃしない。



JUGEMテーマ:地域/ローカル



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/135



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。