Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿の島から、新年のごあいさつ。  ◆  椿の花焼 小品展【華やかな器たち】 〜ご報告 >>
Monday 18:45
posted by やぶ乃椿散人
椿の花焼き
comment : 4
trackbacks : 0

椿元年によせる椿の花焼・小品展

 
第5回 伊豆大島の民芸焼きもの“華やかな器たち”

椿の花焼 小品展

ということで、伊豆大島の火山灰、溶岩、椿の灰などを使った私の焼きもの「椿の花焼」の小品展を下記の日程で開催します。チャワン、コーヒーカップ、大皿、角皿など、すべて20%サービスで即売もいたします。50名様までにかわいい小鉢(9.5cm×4.5cm)をご用意してありますので、お誘いあわせてどうぞ。







場所:飛行場バス停先 椿の花工房において
日時:1月12〜14日まで 9:00〜17:00


 私の焼きものに使用している火山灰・溶岩・椿灰・椿油の灰、また、溶岩による絵付けについて、何でもご説明いたします。ご質問もお待ちしています。観光でご来島のお客様と皆様とともに、私たち大島の焼きもの作りを楽しんでいきたいと考えるものです。


【いつもやさしい藤井恵子さんのポストカード】
 会場では、どなたにも喜んでいただける藤井恵子さんのポストカード「椿のスケッチ」「乳が崎の野草」「花と風景」「大島の野草」4つのシリーズを揃えています。伊豆大島の美しい自然や、花々のスケッチで、少しでも多くのお客様をお迎えできたらと願っています。

【椿元年について】
 平成20年。また、思いがけない大病から何とか帰って来ることが出来て10年目。この区切りのいい年が、私にとっての椿元年。今まで長いことたくさんの花を咲かせ、多くの実をつけ、また、小鳥達やその木かげに数え切れないほどのアシタバを育てて、私たちを楽しませてくれたこの大きな椿も、長い間ご苦労様。思い切って切り倒し、そのあとに新しい小さな1本の椿の苗を植えてみましょう。10年、いや30年、100年先を楽しみに・・・。これが私の椿元年、新しい始まり・・・。


JUGEMテーマ:地域/ローカル

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

はじめまして!以前からブログ楽しみにしていました!
復活して安心しましたよ!これからも伊豆大島の話題をご提供ください。
僕も、いつかは移住をと考えてます。
from  タカ : 2008/01/08 16:25
タカ様

コメントありがとうございます。大変ご無沙汰してしまって申し訳ありません。
ちょこちょこといろんな話題をご紹介できればと思っていますので、
またのぞいてみてください。

伊豆大島にて「2度目のはじめまして!」、なんていったら面白いでしょうね!
from  椿の花工房 : 2008/01/18 19:49
お尋ねします椿油で作った香水は有りませんかだいぶ前の事ですが確か有った様に記憶をしていますが
去年行った時も聞いたのですが今は作っていないそうだがとの返事でした

どうでしょうか..
from  鈴木孝 : 2008/02/03 16:25
鈴木孝様

椿油で作った香水の件、記憶をたどってみたのですが、どうにも思いつきません。
香水ではなく、香り付けした椿油があったかどうか・・・。

今度、知り合いの椿油やさんにでも聞いてみます。
from  椿の花工房 : 2008/02/04 18:48
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/134



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。