Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿園の入り口のカンバン  ◆  椿の紹介をもう少し(椿園・展示温室内) >>
Monday 19:14
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2007
comment : 0
trackbacks : 0

椿の花焼・露天販売の様子をもう少し。


まあ、毎日出勤して焼き物の露天を出しているわけだし、
もう少しだけ眺めていってくださいな。



私の焼き物「椿の花焼」についてはコチラからご覧いただくとして、
今回はおみやげとしてお客さんが持っていかれる品をいくつか。


こちらは“ぐい飲み”ね。
荷物にもならないし、旅のあちらこちらで買って
集めている人も多いんじゃないかしら。


“湯のみ”なんかもお手ごろ。
釉薬には椿の灰や、三原山の火山灰なんかを使っているので
おみやげ話にもちょうどいいと評判。


変わったところだと、こんな“植木鉢”なんかどう?
手のひらサイズで小さな野草なんかを身近に置いてみるとか。


こんなのは相当に変わってる。
“椿の種の灰”を釉薬に使った“抹茶椀”。

椿の実から椿油を絞ると、殻が残るでしょ。
それを焼いて灰にして、精製した変わった釉薬。

ここいらはある程度のお代をいただくので
ホントに興味がある人が持っていってくれれば。


いろいろ焼いてます。

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/126



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。