Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿まつりの会場で、露店出してます。  ◆  雨の週末でした・・・ >>
Tuesday 18:45
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2007
comment : 0
trackbacks : 0

ミス椿の女王コンテスト:ご報告


平成19年2月11日、すばらしい青空のお天気に恵まれて、午前10時より色とりどりの椿の花々が咲き乱れるここ椿プラザのステージにおいて、今年のミス椿の女王コンテストが行われました。



このコンテストには毎年多数の応募があり、今年もあらかじめ書類選考ののち、現地参加可能な25名の若い娘さんが参加されました。



カスリの着物、前ダレ、アンコかぶりのかわいいアンコ娘に変身した参加者達はそれぞれ得意のパフォーマンスを披露したり、審査員との軽妙なやりとりで大勢の人で埋まった椿プラザはしばし熱気につつまれていました。



審査の結果、ミス女王には埼玉県飯能市の笑顔がとても魅力的な佐藤明日香さんが選ばれ、観光協会長から賞状・賞金・記念品がおくられ会場は大きな拍手につつまれました。



こののち、前年のミス椿の女王より引継ぎのタスキ、椿の花束が贈られて、再び大きな拍手でフィナーレをなりました。

佐藤明日香さんにはこの一年間、椿の女王として島内外の各イベントや催しに参加いただいて、さまざまな大島の魅力を紹介していただくことになります。よろしくお願い致します。



暖かい日が続く伊豆大島の椿まつりもいよいよ本番をむかえていきますね。


〜やぶ乃椿散人〜

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/120



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。