Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿まつり・先週末の報告  ◆  椿まつりの会場で、露店出してます。 >>
Thursday 18:02
posted by やぶ乃椿散人
大島椿まつり2007
comment : 0
trackbacks : 0

椿展:2月12日までは第一会場で。


ど〜んと大きな椿のオブジェクト。
開発総合センターで開催中の“椿展”に行ってまいりました。

今年は夜9:00まで開いているのでお食事の後でも
ゆっくりと見物できますね。



伊豆大島のヤブツバキをはじめ、様々な園芸種の椿が
展示されている様子はなかなかの見ものです。

大きいのやら小さいのやら、美しいのやら変ったのやら。
これだけ集まると面白いね。



島のみなさんが丹精込めて育てた椿の「カメリアフラワーコンテスト」や
椿を主体にした活花の展示なども行われていましたね。



私の焼き物「椿の花焼」も展示してあります。
椿を焼いた灰を釉薬に使っているので「椿の花焼」。

椿の花を模した大皿や小鉢。イイでしょ。

私は椿の灰の釉薬を使って、いろんな色やら形やらを焼くので、
今度まとめてご紹介いたしましょうか。



開催期間中、会場では椿の苗木の販売や地酒の試飲コーナー、
この週末3連休はお抹茶の無料サービスもやってるみたいよ。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/118



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。