Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 赤い花なら・・・  (彼岸花のお話)  ◆  明日から伊豆大島では椿まつり! >>
Thursday 10:06
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 1
trackbacks : 0

海越えて 椿ばかりの 島だとサ


きびしい残暑がようやく終わり、ふと気がつくといつの間にやら
さくら、ケヤキの木の葉がうす茶色に色づいているのに驚かされる。

10月も10日過ぎると、私の知る限りの
何本かの早咲きのツバキの木が花を咲かせ始める。



はじめは1つ、2つ。
また気がつくとあっという間に2分咲き、あるいは3分咲きとなっている。

そうだ。もうすぐ島中いっぱいのツバキの冬。



この時期、今年最後の椿山の草取りと片づけをする。
いわばツバキのお客様をお迎えするための冬支度だ。

この椿山には大島一の大ツバキ、千寿椿(目どおりの太さ183cm)を始め
大小あわせて200本もの藪ツバキが立ち並んでいて、
花の季節になると手の届く先から見上げる高さのこずえに、
また、落ち椿の小路にと、変化に富んでいて
この山をおとづれるお客様は藪ツバキに飽きることはないという。



こころみにこの大ツバキを抱きしめてその幹に耳を当て、静かに聴いてみよう。
ざわざわとかすかに響く波の音や風の音に混じって、
私たちが今まで耳にした事もない不思議なツバキの言葉のつぶやきが
聞こえてくるかもしれない・・・

〜やぶ乃椿散人〜

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

こんにちは。
9月17日に焼き物体験でお世話になりました、ブルーフレームのかたわれです。
初めてのろくろ体験でお茶碗とかた口を作らせていただきました。
こんなに立派なものが出来上がると思っていなかったので、感激しました!!
今朝もおいしいご飯に納豆をかけて・・・愛用しています。
大島旅行の一番の思い出になりました。ありがとうございました。

大島は今、椿の見ごろなのですね。
私は雪のつもった葉の陰で咲く椿の花が好きです。
大島には雪はふるのでしょうか?!

大島には何の目的もなく行ったのですが、やぶ乃椿散人さんにお会いできて
とても楽しかったです。
今度は椿の咲く時期にまた訪れたいと思います。

ではお体に気をつけて。ブログも楽しみにしています。
from  やすやす : 2006/11/07 11:40
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/111



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。