Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿の実の取り入れ  ◆  海越えて 椿ばかりの 島だとサ >>
Saturday 17:04
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 17
trackbacks : 0

赤い花なら・・・  (彼岸花のお話)


9月にはいるころ。

椿山で草取りをし、椿の実をかごいっぱいにつめての帰り道。
ふと見ると足元に大きな筆の筆先にも似た可愛らしい芽がそこここに。



アア、もうマンジュシャゲの芽が出始めたのだ。

去年もそう。おととしもそうだった。

この花は秋の彼岸近く、椿山の木の間から日の光が白々と斜めに差し込むようになり、草むらの虫たちの声がなんとなくせわしく聞こえるようになると、そのあたり一面が真っ赤に見えるほど見事に咲く。



マンジュシャゲの成長は驚くほど早い。

最初の2・3本が次の日には20・30本に、また次の日には当たり一面にと。まるで見ている間にも伸びているんじゃないかと思うほどの勢いで伸びていく。伸びながら次々と花を咲かせる。

あっという間にそこらじゅうが赤い花々でいっぱいになる感じだ。



そこここに黒いアゲハチョウが5匹、10匹と、
嬉々として花に戯れているのを眺めるのはとても楽しい。

こちらもつい浮かれ出して、誰もいないのを幸い、

アカイハナナラ マンジュシャゲ〜

と昔の流行り歌などを思い出して繰り返し歌ってみたりした。
花がすっかりなくなってしまうまでの4・5日そのようにして過した。



薄暗くなって家に帰る。夕食のときにふと妻がつぶやいた。

ヘンネー、このごろバカにぬかみそのぬか床が痛むんだけど。

と怪訝そうに首をひねっている。

・・・・。

私は内心ドキッとしたがそしらぬ顔をして、その夜は焼酎も早めに切り上げてそそくさと寝てしまった・・・。思わぬところで迷惑をかけるからもうマンジュシャゲの歌は歌わない。



〜やぶ乃椿散人〜

Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

トラックバックありがとうございました!
彼岸花の芽というのを初めて見ました。毎年出ているのでしょうが、気付かなかったです。
from  春@アンジェ : 2006/09/30 20:50
トラックバック、有り難う存じます

旅先で、彼岸花の群生に出会いました
線の細い赤い色が幾重にも重なって、とても愛らしくゴージャスに見えました
彼岸花というよりも、曼珠沙華という名前の方が趣が合っているかもしれませんね
見れば見るほどに、その気品に圧倒される今日この頃です
from  ボクネン : 2006/09/30 21:09
こんばんわTBありがとうございました。
アカイハナナラマンジュウシャゲ〜 でぬかみそがいたみましたか、
思わず笑ってしまいました。
ところで椿の実ですが、小さい頃椿の実の角を削ってヘアピン
で中身を穿り出し、椿の実の笛を作ったのを思い出しました。
from  happykota : 2006/09/30 21:42
こんばんわ TBありがとうございました。
灰ゆうの 陶器いいですね。陶芸家さんですね。
はいゆうって 奥が深いですよね。
ちょくちょく見せていただきます。
よろしく!
from  散歩に出かけませんか : 2006/09/30 22:26
こんばんは。 トラックバック有難うございました。
彼岸花は綺麗ですね。明日も描きますのよ。
from  たまからのママ : 2006/09/30 22:43
TBありがとうございます。
dondoro(first−finale)です。
ご無沙汰しております。

彼岸花・・・良いですよね、私は秋の花の中では
彼岸花が一番好きです。
現在、満開を迎えてますがそろそろ・・・といった感もあり
なんとなく寂しい思いになったりもして・・・

伊豆大島は近くて遠い島?!
これからも素晴らしいブログ お願いします。
こんなに近くにいて知らないことばかりです。
どうぞ よろしくお願いします。
from  dondoro : 2006/10/01 00:21
お久しぶりです。
一面のヒガンバナ、咲きましたね〜。
 赤い絨毯の素敵な景色ですね〜。
  黒いアゲハは、ナガサキアゲハでしょうか?

 TB、ありがとうございました。
 こちらからも、TB、させていただきます。
from  nojin : 2006/10/01 08:29
こんにちは〜

さっき投稿出来なかった・・・3回失敗?なんでぇ〜〜
from  ピンクのレモン : 2006/10/01 11:59
あ・・・投稿出来た・・・プププッ (*^m^)o==3

トラックバックって、何?っていうくらいのプログ初心者です。
こうやって使うのね〜って、今頃納得してます。爆

ニョキニョキってたけのこみたいに、出てくるのかしら?
気づかないうちに真っ赤な花がいつしか咲いてますよね〜
いつもの買い物の通り道にたくさん咲いていて、びっくりしました。
去年は、写真に興味がなかったので、気づきもしなかったんでしょうね。

これをご縁によろしくお願いします<m(__)m>
from  ピンクのレモン : 2006/10/01 12:04
トラバおおきに〜。
こんなに群生していると、圧巻ですね。島の暮らしには憧れますね。
それにしても、糠味噌が悪うなるほどの歌声、聞いてみたいもんですww
また、こちらも覗いてくださいませね。
from  ぽん : 2006/10/01 16:33
TBどうもありがとうございます。
たくさん咲いているととても綺麗ですよねww
帰り道にかなり生えているので〜
彼岸花の赤が目に映えて……
from  ミライ : 2006/10/01 19:37
こんにちは。トラックバックどうもありがとうございます。
すごい群生っぷりですね!きれいです。そちらには白いのも咲いていましたか?

それにしても過去記事、いくつか見させていただきましたが、
伊豆大島は自然の宝庫なんですね。いつか行ってみたいです。
島の暮らしにも、椿の焼き物にも、とても興味津々。
一番興味を惹かれたのは「体育座りのかわいい散人さん」ですけど(笑)。

これからときどき見させていただきます。
とてもいいご縁をありがとうございました。

こちらからもトラックバックさせていだたきます。
from  コリフェ : 2006/10/02 14:22
URL忘れてました…。ブログ初心者なもので(苦笑)。
またこちらのページもたずねてみてくださいね。
from  コリフェ : 2006/10/02 14:34
こんばんは。
トラックバックありがとうございました。

彼岸花たくさん咲いていますね〜圧巻です。
またおじゃまさせてくださいv
from  meme : 2006/10/02 18:16
おはようございます。
トラックバックありがとうございました。
素敵な彼岸花 見せて戴きました。
これからも、よろしく、お願い致します。
from  たまからのママ : 2006/10/05 06:42
TBありがとうございます。お礼が遅れまして大変失礼致しました。今後とも宜しくお願い申し上げます。
from  ハイデオ : 2006/10/07 09:47
みなさま、たくさんのコメントをいただきありがとうございます。
お返事が遅れまして申し訳ありません。
しばらくホームページに関して、何の作業もしておりませんでした。

さて、いきなり季節は秋になっておりまして、
伊豆大島では椿の花が咲き始めております。
いよいよ楽しみな時期ですね。
from  椿の花工房 : 2006/10/28 09:58
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/110



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。