Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 椿山 マムシのちび助の気持ちは・・・  ◆  椿の実の取り入れ >>
Sunday 18:30
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 1
trackbacks : 0

キバナコスモスと椿の少女像


前回、マムシをとっ捕まえた記事以来、更新をしていなかったので、
「やぶ乃椿散人はあのあとマムシにかまれて・・・」
なんていうウワサがまことしやかに流れていたとかいないとか。

そんなことありません。全然、元気にやっております。
この夏は、「椿の花焼・体験焼き物教室」にかなりのお客様がきてくれたり、
コジッケの様子を見たり、マムシを捕まえたり、草を刈ったり、
なかなか忙しく過ごしていました。

ああ、ちなみに体験焼き物教室は大変ご好評をいただいておりますので、
この秋も引き続き随時開催させていただきますね。


パソコンの操作にもだんだん慣れてきたので、
自分でもいろいろやってみようかと画策中なのであります。
ちょっと更新の回数は減るかもしれないけど、
内容を充実したものにしていこうと思いますので今後もよろしくね。


画像は椿山の入り口の“椿の少女像”
植えておいたキバナコスモスがきれいに咲いていたんだけど、
今週末の雨でけっこう散ってしまうかなぁと思い、記念に。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

TBありがとうございます。
伊豆大島の椿ブログですか。一度お訪ねしたいですねぇ。
因みに、すみれが好きなんです。
海岸性の葉のつややかなすみれが咲いていると有り難いのですが!
from  Green Moonlight : 2006/09/17 19:59
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/108



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。