Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< コジュケイ ピーコの大事な卵  ◆  キバナコスモスと椿の少女像 >>
Sunday 16:18
posted by やぶ乃椿散人
椿山の話
comment : 6
trackbacks : 0

椿山 マムシのちび助の気持ちは・・・


刈り取った草が何日かたってすっかり乾いたころ、
運べるものは集めて堆肥に、運ぶのが大変なものはその場で燃やしてしまう。



この暑い中、ボンボン火を燃やすと、火と夏の暑さで、
2時間くらいで体重が2キロほど確実に減ってしまう。

こいつは美容にもとってもいいヤー と負け惜しみで思ったりする。



しかし気をつけないと枯れ草の下には時々マムシが隠れていたり
するときがあるので、フォークを使って注意しながら仕事をしよう。

ほーら。 出てきたぞー。



こいつはでっかい黒マムシだ。
(マムシには黒マムシと赤マムシがある)

早速かねて用意のマムシ3点セットを取り出す。
その間にどこかに隠れてしまわないように注意していよう。



まず木の棒で首のところをちょっと押さえる。
あんまり力を入れると苦しがってかわいそうだから気をつけよう。



木の棒を火バサミに持ち替え、左手にペットボトルを持って
その口をマムシの頭に近づける。



右に左に頭を振ってイヤイヤをするのをうまくあしらって
ボトルの中に頭を入れてしまう。

こうなるとマムシはバックしづらくなるので、
火バサミを使ってズルリズルリとボトルの中に押し込んでしまう。



ふたをしっかり閉めておしまい。
ふたには空気穴を開けておくこと。

今日は同じ場所で赤と黒を2匹捕まえた。
とても若くてキレイなやつだった。



2匹が恋仲なのか夫婦ものなのか、
まだマムシ語がわからないのでちょっと判断できないが・・・



時々馬鹿に気が強いのがいて捕まえようとすると
大口あいて木の棒には噛み付く、ボトルの中で大暴れはする、
まるで大きな暴れ馬か、小さなファイト満々のボクサーのようにみえるのもいる。



そこでボトルのふちをコン、コンとたたいてこのちび助に聞いてみる。

おい チビよ。
もしもお前がボクサーだとしたらいったいどんなクラスなんだい?


チビは冷たい大人びた目でチラとこちらを見て

いい加減にほっといてくれよ。
オイラはこう見えても立派なヘビー級だい。
早くここから出してくれー



と言ったとか、言わなかったとか・・・

〜やぶ乃椿散人〜


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

ご訪問ありがとうございました。マムシ捕まえたことはあるのですが、実は私はお酒は全く飲みません。いや、飲めないんです。知人に焼酎に漬ける方法を教えるのですが、飲む人がいません。捕まえても持っていき場がなくて、、、。おっしゃる通り枯れ草の下にはよく隠れています。路傍の枯れ草にも隠れていることがあり、不用意に追い出すとぴょ〜んと飛び出し危険です。枯れ草は踏まないようにしているのですが、どうしても枯れ草の場所を通るときは細心の注意です。でもすごい作業ですね。私なんか45kgしかない痩せ老人です。こんな作業したら生きたままミイラになってしまいます。気を付けて頑張って下さい。
from  tonbo : 2006/08/20 21:11
こんにちは。
マムシはこの後どうなるんですか?

私は去年、ちっちゃい赤マムシをおみやげにもらって、
海苔の瓶で(安全の為、瓶ごと水槽に入れて2重にして)飼ってみました。
とても美しいけれど、攻撃的すぎて掃除が難しく、1ヶ月ほどでもといた場所に返しました。
マムシは捕まえたら、どうするのが一番よいのか、よろしかったら教えてください。

・・・ちなみに、「おみやげ」って会社から持ち帰ったのは、うちの旦那です。
その前は、「なぜかポケットに入っていた」といって、カナヘビをくれました。
from  ちっきょ : 2006/08/21 18:11

お向かいの房総半島の「はと」です。

さっそくヘビの話題をありがとうございました。

怖いですね。やはりいるのですね。

ただし大きな鳥の卵を飲み込むほど大型の蛇ではないの
でしょうか。コジュケイはとにかく無事だったのでしたね。

私もよく沖縄へカンムリワシの写真を撮りに行くのです
が、林道など山道では、上の方向でカンムリワシを探し、
下では全力をあげてハブを探しています。

椿作業、注意しながら、おはげみください。
 
 
from  はと : 2006/08/23 09:43
マムシ取り 何度見ても おもしろ〜〜〜い!!
  楽しそうとは 言いませんけれどね(^0_0^)

しかし うじゃうじゃいるんですね
  伊豆に行くのは 冬がいいですねぇ
    マムシちゃんが 冬眠しているから・・・・・・まさか 暖かいから冬眠しないって事ないですよね
from  TITAN : 2006/08/24 23:53
マムシをとったその後の処理のお話も書こうと思っていたのですが、すっかり忘れていました。
また機会がありましたら是非、お伝えしましょう。

まあ、それほどうじゃうじゃいるわけではないのですが、この時期は卵かかえるので、
マムシの子どもの群れを見つけたら、素人さんは一目散に逃げるようにしましょうね。

冬になればちゃんと冬眠することになっていますよ。
from  椿の花工房 : 2006/09/30 17:23
一度ならず二度までもトラバしていただき、更にコメントまでいただいて、本当にありがとうございます。
私はヘビが好きなせいか、マムシを“捕る”ことに少し抵抗があるのですが、親父は普通に焼酎漬けにしたり、干物にして食べたりしています。
しばらくは“撮る”だけになりそうです。(笑)
from  Tatsuya : 2006/09/30 22:58
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/107



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。