Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 台風一過。島の西と東。  ◆  コジュケイ ピーコの大事な卵 >>
Friday 15:48
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島のいろんな話
comment : 4
trackbacks : 0

季節はずれのアジサイと、これもアジサイ!?


もうすっかり夏だというのに、大島では山のほうに行くと
アジサイの花が咲いているのをたまに見かけます。

確かに山の木陰に入ると涼しいもんね。
暑さにやられてしおれて咲いているのではなく、
ちゃんとみずみずしく元気に咲いております。



これは海のふるさと村キャンプ場の入口あたりで撮ったやつ。

さて、場所を移動しまして今度は溶岩ダムの上のほう。
こんなアジサイを見つけました・・・。
って、これもアジサイなんですか!?



形はガクアジサイみたいだけど・・・。



まわりに変なたまっころがいっぱいあるでしょ。
どうもこれが開いて花になるみたい。
うそじゃないってば。



たまっころが少し開いて、薄紫の花の部分が見えるでしょ。



で、もう少し開くとこんな感じ。
普通のアジサイってこんな風に咲かないよね。

どなたか詳細をご存知の方がいらっしゃいましたらおせーて下さい。

ちなみにこの花、この場所ではこれからいっぱい咲くみたい。
ほら、たまっころがいっぱい!


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

こんにちは。
伊豆諸島は、アジサイの宝庫ですね。
from  スタジオA : 2006/08/12 19:56
神戸市の六甲山では アジサイは秋の花だといわれるほど
 9月になってもきれいな花を付けていますよ

下の花 わかったよ〜〜〜〜〜ん
 多分これです「タマアジサイ」
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tamaajisai.html
 ↑ ここで御確認くださいませ(^0_0^)
from  TITAN : 2006/08/12 22:31
お〜。早速ありがとうございます。確かに「タマアジサイ」のようですね。
あれから気にして見るようにしたら、アチラコチラでツボミを発見しました。

それにしても、アジサイが秋の花と認識されるような場所があるとは、
場所が変ればなんとやらですね。日本は意外とひろい!
from  伊豆大島【椿の花工房】 : 2006/08/15 17:02
タマアジサイを集めているものです。タマアジサイについては、以下の川島氏のサイトが詳しいです。
http://kawa-ese.hp.infoseek.co.jp/yamaazisai-p2/tamaazisai.html
貴サイトで紹介されている写真のものは「一重の額咲きのタイプ」のタマアジサイですが、他にもいろいろな変異種がありmす(もっぱら本州の中央部分、福島県〜石川県あたり、の植生のようです)。
あと中国南部〜台湾に近縁種があり、おそらくそれらの一部がトカラ諸島付近にあるようです。
以下は日本アジサイ協会の初代会長だった故 山本氏のコレクションの写真です。
http://www.azisai.com/Azisai/Azisai39.htm

伊豆大島はタマアジサイの宝庫で羨ましいです。平地区に多いとか聞きました。行ってみたいなぁ。
from  平野庸 : 2009/06/30 16:46
   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/105



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。