Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 海岸で見つけた植物を少し  ◆  季節はずれのアジサイと、これもアジサイ!? >>
Thursday 21:14
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島のいろんな話
comment : 0
trackbacks : 0

台風一過。島の西と東。


さてさて、台風7号も大島を通り過ぎまして、
ようやく夏らしくなってまいりましたかしら。

遊泳禁止の浜もありましたが、泳げる浜ではずいぶんと
人が出だしていましたね。



はい。コチラ、岡田港のそばの日の出浜
ご家族連れから若い人までずいぶんにぎわっております。



コチラは秋の浜ね。ダイビングのスポットとしても有名です。

ただ、今日はちょっと変わったお天気で、
島の東側では穏やかでいい天気だったのですが、
島の西側の海岸線は霧が降りていて波もまだ残っておりました。



コチラ、元町港からすぐ近くの弘法浜
時間帯はすでに夕方近くですが、若い人たちが大波の中、
遊んでいましたね。

同じ島の中でも、お天気や風向きによって浜の様子が違うでしょ?
特に台風の後なんかは、安全そうな浜で遊ぶようにしましょうね。


Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/104



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。