Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< 熱海港から伊豆大島へ  ◆  御神火温泉に行ってきたそうで。 >>
Saturday 17:27
posted by やぶ乃椿散人
伊豆大島への交通
comment : 0
trackbacks : 0

竹芝ふ頭から伊豆大島へ


“大島に着く前に迷子にならない様にシリーズ”のその2。
竹芝桟橋への道のりも確認しておきましょう。

高速船が運航するようになって、東京から伊豆大島への乗船時間も
ずいぶん短縮されましたね。最短でなんと1時間45分。

竹芝桟橋の最寄り駅は“ゆりかもめ”の「竹芝駅」ですが、
やっぱり山手線の浜松町駅をご利用する方のほうが多いですかね。

浜松町駅から竹芝桟橋までは徒歩で7分くらい。



浜松町駅の北口を出ましたら改札を背にして右手方向に歩きます。

東京タワーが正面に見えたら間違いです。
東京タワーを背中にしながらまっすぐですよ。



右手に旧芝離宮庭園の入り口を右手に見ながらひたすらまっすぐ!



大きな通りを渡ると、船のマストを模したモニュメントが見えてきます。



はい、そこが竹芝桟橋の待合広場です。

この写真の右手方面がきっぷ売り場や待合室になっていますので
手続きをして出港を待ちましょう。



楽しいご旅行、待ち遠しいですね。



Sunday 
posted by スポンサードリンク
-
comment : 0
trackbacks : 0

スポンサーサイト


Comments

   


 

Trackbacks   TB URL  http://izu-oshima.jugem.jp/trackback/101



椿の花工房の仕事

【椿の炭焼き】
ああ、椿山に今日も炭焼の煙がたなびく。
椿しか焼かない私の「椿の炭焼き」のご紹介です。


【椿の花焼き】
伊豆大島の民芸焼き物、。きわめて特殊な「椿の灰」の自家製釉(うわぐすり)で、還元・又酸化焼成された私の焼物です。


【椿の実の仕事】
椿の実や大島桜の実、様々な木の実を使ったアクセサリー作りのご紹介。収穫、選別から、加工に至るまでの工程。


【椿灰〜やぶ椿灰作り】
陶芸の釉薬や染色の際に重宝される椿灰。椿で知られる伊豆大島ならではの、あまり知られていない変わった仕事のご紹介。


【伊豆大島の思い出写真】
懐かしさを感じる昔の写真。伊豆大島のちょっと違った風景をお楽しみ下さい。